JO1ではなく“ジャルO1”!? 豆原一成、本人たちにメンバーの“ジャルジャル愛”を伝達

JO1ではなく“ジャルO1”!? 豆原一成、本人たちにメンバーの“ジャルジャル愛”を伝達

 全国公開中の映画『半径1メートルの君〜上を向いて歩こう〜』大ヒット御礼舞台挨拶が、3月15日にTOHOシネマズ 日比谷にて開催され、JO1の豆原一成、白石聖、ジャルジャルの後藤淳平と福徳秀介、山内大典監督が登壇した。

 本作は、8組24名の人気俳優、吉本タレント、クリエイターがタッグを組んだオムニバス映画。新型コロナウイルスの影響で、世界中の人々の心が曇り、人の営みすべてに想像もしなかった苦悩が付きまとい、多くのエンタメコンテンツも中止に追い込まれた。こんな時だからこそエンタメの力で人々の心を元気にしたい、上を向いて歩ける前向きな気持ちを届けたい、そんな思いから急遽制作が開始された。各話ごとに2人の主人公が出演し、近距離での“心の濃厚接触”を描く、各話約10分のショートストーリーで構成される。

 豆原は『本日は、お日柄もよく』、白石と後藤は『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』に出演。福徳は『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』の脚本を手がけ、山内はその2作の監督を務めた。

 早速、「最後まで作品を楽しんでもらえたらうれしいです」「本日は劇場にお越しいただきありがとうございます」とそれぞれ挨拶する豆原と白石に続いて、「皆様の前でこうやって挨拶できること嬉しく思います」と俳優のように後藤が語ると、福徳は「皆さん今日はよろしくお願いいたします」と子どもになりきって挨拶し、会場を沸かせた。

 『本日は、お日柄もよく』を鑑賞した感想を聞かれた豆原は、「初めての作品で恥ずかしいという気持ちがあったのですが、たくさんの方に観てもらえるのがうれしく、今日は久しぶりに皆さんの前に立つのでとても緊張してます」と話すと、山内監督は「現場では緊張していたとは思えないほど、初めての演技とは思えない演技でした」と絶賛。また、映画初出演でプレッシャーはあったか聞かれると、「メンバー(與那城奨)に演技の練習に付き合ってもらい、役を入れ込んだ」と役作りについて明かした。

 『本日は、お日柄もよく』では岡村隆史と共演した豆原。撮影時のエピソードを聞かれると、「撮影に入る前のメイクの時間などにJO1の活動などをたくさん聞いてくれて和ませてくれたので凄く嬉しかったです」「昔から見ていた方だったので一緒にお仕事できると聞いたときは嬉しかったですし、めちゃくちゃ緊張しました」と振り返った。

 『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』に出演した白石は、作品を鑑賞した感想を尋ねられると、「自分の作品を見るのは恥ずかしいのですが、後藤さんのアシストのおかげでやわらかい映像に仕上がっているのではないかなと思いました」と振り返る。また、本作で描かれている“まわりくどい恋愛模様”に対しては「お互いにまわりくどい部分もあるが似ているところがあるからこそ釣り合う2人なんだと思いました」と語った。

 脚本について、福徳から相談はあったかとの質問に後藤は、「すべて脚本から衣装まで福徳がチョイスしてくれたんですが、普段僕が被らないようなつばの短い帽子で顔大きく見えたんですよ。恋に落ちる設定なのに顔が大きすぎるのは大丈夫かなと思ったんですが、恋に落ちることに顔の大きさは関係ないというメッセージがこの作品にはあるのかな」と笑い交じりに話した。

 一方、前回の会見の際に自身の作品を恥ずかしく鑑賞できていなかったと語っていた福徳。「観ました! 2人の感じがリアルですごい良かったです」と出来上がりについて最高の作品だったと話す。また、作品において重要なモチーフになる、クレープにメッセージを忍ばせるというアイデアはどのように思いついたかという問いには、「僕はクレープが好きで、よく生地をめくるのですが、ここにメッセージを入れられたらなと思いました。そのメッセージが本の栞っぽいなとおもって、これだ! と思い登場人物の名前を本田としおりにしたんです」と登場人物の名前の由来についても明かした。

 最後に、登壇したキャスト、監督がそれぞれ観客に感謝を伝える中で、豆原が「JO1のメンバーみんな、ジャンルジャンルさんが好きで今日の舞台挨拶を凄く羨ましがっていました(笑)」と話すと、福徳が「ジャルO1ですね(笑)」と返し、会場を沸かせた。最後に、役者を今後続けたいかを問われた豆原は「やりたいです!」とやる気を滲ませ、大盛況のままイベントは幕を閉じた。

■公開情報
『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』
TOHOシネマズ日比谷ほかにて公開中

『本日は、お日柄もよく』
出演:岡村隆史(ナインティナイン)×豆原一成(JO1)
脚本:丑尾健太郎
監督:山内大典

『同度のカノン』
出演:海宝直人×亜生(ミキ)
脚本・監督:粗品(霜降り明星)

『やさしい人』
出演:倉科カナ×徳井義実(チュートリアル)
脚本:高須光聖
監督:山内大典

『真夜中』
出演:小池徹平×じろう(シソンヌ)
脚本:又吉直樹(ピース)
監督:紙谷楓

『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』
出演:白石聖×後藤淳平(ジャルジャル)
脚本:福徳秀介(ジャルジャル)
監督:山内大典

『戦湯~SENTO~』
出演:般若×秋山竜次(ロバート)
脚本・監督:品川ヒロシ

『とある家のこと』
出演:松井玲奈×山崎静代(南海キャンディーズ)
脚本:福田麻貴(3時のヒロイン)
監督:紙谷楓

『バックヤードにて』
出演:水川あさみ×近藤春菜(ハリセンボン)
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
監督:紙谷楓

主題歌:「上を向いて歩こう」斉藤和義(SPEEDSTAR RECORDS)
企画・製作・配給:吉本興業
制作プロダクション:共同テレビジョン
(c)「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」製作委員会
公式サイト:https://hankei1m.official-movie.com
公式Twitter:@hankei1m_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる