ジャルジャル、映画への挑戦で四苦八苦!? 「やりたいことだけできる」コントとの違い

ジャルジャル、映画への挑戦で四苦八苦!? 「やりたいことだけできる」コントとの違い

 映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』が全国公開中だ。

 本作は、8組24名の人気俳優、吉本タレント、クリエイターがタッグを組んだオムニバス映画。各話ごとに2人の主人公が出演し、近距離での“心の濃厚接触”を描く、各話約10分のショートストーリーで構成される。その中の一編、『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』に、ジャルジャルの福徳秀介が脚本、後藤淳平が出演という形で参加。なかなか想いを伝えられない男女の思わずほっこりとしてしまうやり取りで観客を和ませる。

 今回、リアルサウンド映画部では、ジャルジャルの2人にインタビュー。コントとの違いから、映画というフィールドでの四苦八苦の挑戦まで語ってもらった。

「ジャルジャルっぽく見えないように」

ーー今回、福徳さんは脚本、後藤さんは出演という形での共同作業となりました。

福徳秀介(以下、福徳):後藤が言うには恥ずかしいようなセリフをあえて書きました(笑)。「好きな人いる?」とか。ああいう質問はめっちゃシンプルなんですけど、だからこそ、ばり恥ずいだろうなって(笑)。後藤が女性と喋っているときに、どういう感じでいい雰囲気になるのか、付き合いは長いんですが意外と知らないので、これをきっかけにちょっと見させてもらおうかなと(笑)。あと、後藤のファンの方たちに喜んでもらえるような要素もこっそり盛り込みました。

――後藤さんはそんな福徳さんの脚本を読んでいかがでしたか?

後藤淳平(以下、後藤):セリフに関しては、素ではとても言えないことなんですけど、役を演じようと思ってやっているので、気恥ずかしさはなかったです。それより、覚えられるか不安になるぐらいの会話のラリーで、その量にまずびっくりしました。

――作品は、白石聖さん演じるヒロイン・しおりとのかけ合いが肝になっています。

後藤:白石さんが役に入り込んでいる様子を見て、僕も負けないように頑張りました。極力、ジャルジャルっぽく見えないように(笑)、白石さんと同じ画面にいてもしっくりくるように注意しましたね。僕はセリフを覚えるので必死だったんですが、白石さんは現場に入る前から完全に準備ができていました。役者の方々からすれば当たり前かもしれないんですが……。

福徳:現場で台本見た?

後藤:白石さんは全然見いひん。僕は、カメラがセッティングしている間にずっとコソコソ見てましたね。段取りというのがあるんですよ。長いシーンをカメラは回さずに2人で実際にやってみて、周りのスタッフがそれを見ながらカット割を考えるという作業なんですが、そのときに台本を読んでいると、ほんま現場が冷めるんですよ。段取りをどう乗り切るか、というのが僕の裏テーマでした(笑)。

福徳:役者さんはやっぱり入れてくるんやね。芸人はネタ合わせの癖がついているから、入れてきても忘れる。というかそもそも入らへんからな。現場で台本見られへんのは辛いよなぁ。

後藤:そうそう。僕らは実際に本人とやりながら覚えるというスタイルなので、文字だけだとどうしても覚えられなくて。一応対策として、全部のセリフを録音したんですよ。白石さんのほうのセリフもちょっと女性っぽい声で録音して(笑)。その録音したものを車の中でずっと聞いていました。だけど、いざご本人とやると、当たり前やけど僕の言い方と全然違うのでそれでパニックになる(笑)。大変でしたね。

――なるほど。一方、福徳さんは、去年11月には小説『今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は』を刊行しました。小説と脚本で書き方の違いはありましたか?

福徳:そうですね。勉強になりました。「ト書きってこういう風に書くんだ」とか「絶対過去形にしたらアカンのや」とか基礎的なことを学ばせてもらいました。最初は、小説みたいな書き方になっていたんですよ。でも、あとで「ちゃう、これ脚本や」と気づいて、ネットで脚本の書き方を調べてなんとかやりました(笑)。

――シソンヌさんやバカリズムさんなど、ドラマや映画の脚本を手がけるお笑い芸人も多くいらっしゃいます。

福徳:さすがにドラマや映画の脚本となると、より大勢の方の責任が乗っかってくるので今はあまり考えていないです。今回のような、2人だけが出演していて、10分間くらいの規模感が僕のメンタルにとっては限界です(笑)。実力もまだまだだと思うので。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる