上西雄大×奥山和由『西成ゴローの四億円』前後編で製作へ キャストに奥田瑛二、津田寛治ら

上西雄大×奥山和由『西成ゴローの四億円』前後編で製作へ キャストに奥田瑛二、津田寛治ら

 『ひとくず』の上西雄大監督のオリジナル作品『西成ゴローの四億円』が前後編で製作されることが決定した。

 上西監督が映画プロデューサーの奥山和由とタッグを組む本作は、現代社会に巣食う闇の世界や人間の情の力を根底に、大金を稼ごうと必死に抗う一人の男の生き様を描くクライム・エンターテインメント。登場人物たちの所持金や貯蓄額からその人物の生活や経済観念が分かる構成となっている。前編はまもなく完成し、後編は大阪の西成を中心に撮影スタート。2021年の公開を予定している。

 大阪のドヤ街と呼ばれる西成に住む、日雇い労働者・土師悟朗。腕っぷしが強くて皆から頼られる反面、殺人罪で服役していた過去から“人殺しのゴロー”という異名を持っていた。断片的に記憶を失った彼だが、元政府諜報機関の工作員だったこと、妻と娘がいたことなど記憶を少しずつ取り戻していく。ある時、家族の現状を知ったゴローは、「心臓移植が必要な難病を患う一人娘のために、どんなことをしてでも四億円を稼いでみせる」と固く決意する。

 主人公のゴローを上西本人が演じ、ゴローの最大の敵となるフィクサー役を奥田瑛二、政府諜報機関時代のゴローの元同僚役を津田寛治、ゴローの元妻役を山崎真実が務める。さらに、松原智恵子、笹野高史、加藤雅也、木下ほうか、波岡一喜、徳竹未夏、古川藍らが脇を固め、後編のキーマンとなる韓国巨大マフィアの会長を石橋蓮司が演じる。

 上西監督と奥山プロデューサーからはコメントが寄せられている。

コメント

上西雄大監督

子供の頃、ばぁちゃんがよく映画館に連れて行ってくれた。
スクリーンに観る世界に憧れたスター達。
暴れる父親も泣き叫ぶ母親の声も消えて、心が踊った。
その映画は今も心に焼き付く。
それは奥山プロデューサー作品ばかりであった。その方とともに映画を作れる、しかもスクリーンに立つのは俺自身。
貧乏くじの様な俺のこれまでの人生がまさにこの神様がくれた出会いで一変しました。
俺は心から「西成ゴロー」となります。

奥山和由プロデューサー

映画界には『竜二』という伝説がある。
その映画の金子正次が上西さんに重なって見えてしまうのだ。拭いさってもどうしても。
スクリーンの中で演じることへの執着、面白い映画を作ろうとする執念。
誰にも止められないそのエネルギーの眩しさは久しぶりだ。
逆光のなかを走り抜けて欲しい。出来る限りの声援を送りながら、彼の夢の達成への完走を見届けたい。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『西成ゴローの四億円』
2021年全国ロードショー
製作総指揮:奥山和由
監督・脚本・プロデューサー:上西雄大
出演:上西雄大、津田寛治、山崎真実、徳竹未夏、古川藍、笹野高史、木下ほうか、波岡一喜、加藤雅也(友情出演)、松原智恵子(友情出演)、石橋蓮司(特別出演)、奥田瑛二
企画・製作・制作:10ANTS
配給:シネメディア、チームオクヤマ
2021年/日本/カラー/アメリカンビスタ
(c)上西雄大
公式Twitter:@nishinarigoro4

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる