ジャルジャル、映画への挑戦で四苦八苦!? 「やりたいことだけできる」コントとの違い

ジャルジャル、映画への挑戦で四苦八苦!? 「やりたいことだけできる」コントとの違い

「よりコントに専念ができる環境が整った」

――『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』は、コロナ禍の今こそエンターテインメントで人々を元気付けるというコンセプトです。2人にとってもコロナ禍の影響は大きかったですか?

後藤:単独ライブができなくなってしまって。その分、お客さんの前でやることの素晴らしさは実感しました。一方で、映像の分野にもより力を入れて、海外でも見てもらえるようなコントを作っていければと考えています。

――ジャルジャルと言えば、YouTubeでのコントがとにかく話題です。

福徳:YouTubeというメディアは僕たちにとってすごくフィットしていますね。やりたいことをやらせてもらって、見たい人だけが見るというシステムじゃないですか。視聴者と“両想い”になっている感じが気持ちいいですね。デビュー当時から変わらずずっとコントを作り続けてきたんですが、今はYouTubeがあることで、よりコントに専念ができる環境が整ったように思います。

――今回の脚本執筆だったり、出演だったり、コントと違うことをすることで、改めてコントの魅力に気づくことも?

福徳:そうですね。やっぱり、自分で作って自分でやるというのが刺激的だし、楽しいです。それこそやりたいことだけできるというか。

後藤:自分とは違う人になりきることが、ストレス解消にもつながるんですよ。コントは、それの極みというか。「こんなことをしたら街中でしたらまずいぞ」ということがコントではできちゃう、という痛快さはありますね。

■公開情報
『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』
TOHOシネマズ日比谷ほかにて公開中

『本日は、お日柄もよく』
出演:岡村隆史(ナインティナイン)×豆原一成(JO1)
脚本:丑尾健太郎
監督:山内大典

『同度のカノン』
出演:海宝直人×亜生(ミキ)
脚本・監督:粗品(霜降り明星)

『やさしい人』
出演:倉科カナ×徳井義実(チュートリアル)
脚本:高須光聖
監督:山内大典

『真夜中』
出演:小池徹平×じろう(シソンヌ)
脚本:又吉直樹(ピース)
監督:紙谷楓

『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』
出演:白石聖×後藤淳平(ジャルジャル)
脚本:福徳秀介(ジャルジャル)
監督:山内大典

『戦湯~SENTO~』
出演:般若×秋山竜次(ロバート)
脚本・監督:品川ヒロシ

『とある家のこと』
出演:松井玲奈×山崎静代(南海キャンディーズ)
脚本:福田麻貴(3時のヒロイン)
監督:紙谷楓

『バックヤードにて』
出演:水川あさみ×近藤春菜(ハリセンボン)
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
監督:紙谷楓

主題歌:「上を向いて歩こう」斉藤和義(SPEEDSTAR RECORDS)
企画・製作・配給:吉本興業
制作プロダクション:共同テレビジョン
(c)「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」製作委員会
公式サイト:https://hankei1m.official-movie.com
公式Twitter:@hankei1m_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる