亀梨和也の迫真の演技に引き込まれる 『レッドアイズ』第7話は緊張感マックス

亀梨和也の迫真の演技に引き込まれる 『レッドアイズ』第7話は緊張感マックス

 いつにも増して、あっという間の1時間だった。亀梨和也の演技には、視聴者をともに緊迫状態へと巻き込む力がある。伏見(亀梨和也)の命のタイムリミットが刻一刻と迫るなか、映像の隅々、言葉の端々までヒントを探し、気付けば祈るように画面を見つめていた。

 亡き婚約者・美保(小野ゆり子)の誕生日。墓石に花を手向ける伏見のもとに、不審なメールが届く。内容は、生前の美保の姿を隠し撮りした動画と、美保の死の真相を知りたければ「一人で」来いという指令だった。

 単独行動はあまりにも危険だ。伏見は、現場での相棒・湊川(シシド・カフカ)の携帯電話を鳴らすが、彼女がまだ幼い息子を持つ母であることが脳裏をよぎる。そうして伏見は、一人でビルへと向かった。

 待ち受けていたのは、やはり罠。正体不明の男に麻酔銃を打ち込まれ、眠り込んだ伏見は、冷凍庫に監禁されてしまう。目が醒めるとそこには、かつて刑事時代に逮捕した鴫野夫妻(正名僕蔵、大高洋子)が立っていた。

 彼らは、大病を患う娘の治療費を賄うべく強盗に入った末、殺人を犯した。逮捕状を提示する伏見に「娘の治療のために、あと3日だけ逮捕を待ってほしい」と懇願する。伏見も複雑な表情を浮かべるが、法のもとに彼らの訴えは通用しない。その場で逮捕された鴫野夫妻は、娘の死に目に会うことも叶わなかったという。この過去を、鴫野夫妻は「伏見が犯した罪」だと主張する。娘を亡くしては、もう生きている意味がない。だから、伏見に「罪」を認めさせた上で殺害し、自分たちも死ぬという。

 逆恨みによる犯行、と言ってしまえば簡単だ。けれど『レッドアイズ』に登場する犯罪者たちには、いつも悲しい動機がある。だからこそ胸が痛むし、「正義」とは何かが、分からなくなる。大切な人を失った痛みは、誰かを恨むことでしか、復讐を果たすことでしか、消えることはないのだろうか。そうした人の痛みにつけ込み、犯罪を正義として導くのが“先生”なのだろう。鴫野夫妻もまた、先生に洗脳されていた。その狂いきった演技は流石のものだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる