松村北斗、たゆまぬ情熱で“演技派”の座へ 朝ドラ出演も決定で今年はターニングポイントに?

 映画『ライアー×ライアー』の評判がいい。同作は、地味系女子大生の湊と両親の再婚で義理の弟となった同い年の透のラブストーリー。女癖の悪い透が原因でお互い冷たい態度を取り合っていたが、湊が高校の制服でギャルメイクをして街に出た際、偶然透に遭遇。湊は咄嗟にJKの「みな」と嘘を付くが、透は嘘を信じてみなを気に入ってしまう。その後、透からの猛アプローチに押され、湊はみなとして付き合うことになってしまい、様々な事件が巻き怒っていく。SNSには「キュンキュンした」「もう1回観たい」「本当に面白かった」など好意的な意見ばかりが上がっている。そんな同作で森七菜とW主演を果たしたのが、SixTONES・松村北斗だ。

 SixTONESは結成以降、複数メンバーでの主演やグループ全体での主演はあったが、メンバー単独での映画の主演は松村が初となる。『ライアー×ライアー』以外にも多くの作品に出演してきた松村は、ジャニーズ若手演技派メンバーのトップクラスに躍り出た。そして、松村が演技派として知名度を上げてきている要因のひとつに、演技に対する情熱があると感じる。

 役を自然に演じるというスキルは申し分ない。これまでも『私立バカレア高校』をはじめ、『ぴんとこな』(TBS系)、『SHARK』(日本テレビ)、『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系)、『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系)など多くの作品に出演してきた松村。今期も『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)に出演中だ。中でも『パーフェクトワールド』の好演が評価され、松村の演技力に注目が集まった。その演技力は、同作を手掛けた河西秀幸プロデューサーが「松村さんはお芝居の勘が良く、自身に役を染み込ませて血肉として反映していくタイプの役者さん。ビジュアルも良いし声も良い」(引用:『パーフェクトワールド』で難役を好演 SixTONES・松村北斗“演技力”武器に本格ブレイクの予感|ORICON NEWS)と評価をしているほどである。

 周りから認められる演技力を持つ松村だが、様々なインタビューや番組などを見ているとそれだけではないことに気がつく。演技に対して徹底的に向き合い、情熱を持って取り組む姿勢が見えてくるのである。『パーフェクトワールド』を振り返り、「『俺、もしかしたら1個クリアしたかもしれない』とか『こうしてみよう』と思いついてできるようになったこととか、そういうところをクランクアップの時に監督や河西さんからすごく的確に褒めてもらえて」(引用:若手俳優の注目株に!松村北斗「お芝居は、正解が分からなさ過ぎるから楽しい」|フジテレビュー!!)と、自ら考えて役に向き合うことを習得したことも語っていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる