『俺の家の話』第6話が爆笑を巻き起こした理由 多幸感あふれた“潤 沢”のパフォーマンス

『俺の家の話』第6話が爆笑を巻き起こした理由 多幸感あふれた“潤 沢”のパフォーマンス

 笑った笑った。今年に入って一番、笑った。『俺の家の話』(TBS系)の第6話で、突然出てきた歌謡グループ「潤 沢」のパフォーマンスに。正確には「潤 沢」とはリーダーのたかっし(阿部サダヲ)をはじめとするプロの歌手4人組なのだが、他の3人がスパリゾートハワイアンズでのステージに間に合わなくなり、寿一(長瀬智也)、寿限無(桐谷健太)、踊介(永山絢斗)の3兄弟がその代わりを務めることに。彼らが歌い踊ったのは「潤 沢」の新曲「秘すれば花」。それがたまたま能の大成者・世阿弥の言葉だったために、能楽師一家の寿一たちは運命的なものを感じ、伝統芸能から大衆芸能へ、一回限りのゲスト出演を果たした。

 最初に聞いたときは、なぜ歌詞に「ドライブレコーダー気をつけて」という言葉が入っているのか分からなかったのだが、「秘すれば花」というタイトルだから不倫の歌だったのだ。実際にドライブレコーダーの録画で車内不倫がバレた俳優、いましたよね……。「不適切、私の承認要求、こんなマスクじゃ隠せない」という時事ワードを盛り込んだ歌詞も、言葉にこだわる脚本家・宮藤官九郎らしさ全開。宮藤と阿部らが結成した「グループ魂」のライブを観たことがある人ならおなじみのコミックバンドのノリだ。ただ、「グループ魂」のメンバーはもともとコメディリリーフの人たちなので、面白い歌を歌っても当然という感じがするのだが、長瀬智也、桐谷健太、永山絢斗という、いくらでもかっこつけられるイケメン俳優たちがそろっておバカをやったので、そのギャップにみんなやられてしまったのではないだろうか。寿一の妹・舞(江口のりこ)のセリフにもあったように「なに、この多幸感」という不思議な気持ちが、このパフォーマンスを観た人の間に広がっていた。

 「潤 沢」は「覚えやすい振り付けで人気」ということで、宮藤の妻でもある八反田リコが振り付けした「ハナハナハナ」「フネフネフネ」などの振りは幼稚園のお遊戯並みにわかりやすく、「不適切」を「FU・TE・KI・SETSU!」とメンバーがひとりずつポーズを決めていくところも無駄にかっこよくて、つい真似したくなる。それは本家本元の「純烈」もそうだったようで、放送のわずか3日後には、『純烈が潤 沢の「秘すれば花」を歌ってみた』という動画をアップした。メンバーの酒井一圭が語るには、ドラマを観て「やりたくなって」レコード会社とTBSに交渉し実現したとのこと。わかり味が深い。その酒井が長瀬の顔真似をしていたのにも笑った。

 この回はとにかく「潤 沢」が全部持っていってしまった感もあるが、改めてストーリー展開を振り返ると、前半の完結エピソードとなっていた。スパリゾートハワイアンズ行きは、25年ぶりに実家に戻り父・寿三郎(西田敏行)をはじめとする家族との関係を修復しようとしていた寿一にとって念願の家族旅行。だが、寿三郎は医師から余命宣告され、残された時間が少ない。その焦りから、いわき市のスパリゾートハワイアンズに到着するまでに柏や水戸に立ち寄り(なぜか常磐道沿いばかり)、これまで口説いた女性たちに会っては彼女たちを幸せにできなかったことを謝罪したのだが、女性たちはみな、他の男性を見つけてたくましく生きていた。イタリア語の通訳だったちはる(田中みな実)はオーガニック農家となって、夫と子供に恵まれ、芸者の豆千代(池津祥子)はスナックのママになり、夫は服役中で幸せではないとは言うが、離婚する気はなさそうだ。そして、寿一と結婚の約束までしたというまゆみ(紫吹淳)はいわきの旅館の女将(おかみ)として成功し、“たかっし”の熱狂的ファンになっていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる