チャドウィック・ボーズマン「史上最⼤の追跡劇が始まる」 『21ブリッジ』特別予告公開

チャドウィック・ボーズマン「史上最⼤の追跡劇が始まる」 『21ブリッジ』特別予告公開

 チャドウィック・ボーズマンが主演・プロデュースを務めた4⽉9⽇公開の『21ブリッジ』の特別予告が公開された。

 本作は、ニューヨークのマンハッタン島を舞台に、警察官の父を殺害された過去を持つアンドレ刑事(チャドウィック・ボーズマン)が、孤立無援の中、街ぐるみの犯罪に挑むクライム・アクション・ミステリー。主演のみならずプロデュースという形で参加したボーズマンだが、惜しくも全米公開からわずか9カ月後の8月28日、ガンのためロサンゼルスの自宅で43歳の若さでこの世を去ってしまった。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の監督ほか、多くのヒット作を手がけるジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ兄弟が製作を務め、『ゲーム・オブ・スローンズ』などのカークが監督を担当。共演には、『アメリカン・スナイパー』のミラー、『バトルシップ』のテイラー・キッチュ、『セッション』のJ・K・シモンズらが名を連ねている。

『21ブリッジ』特別映像

 公開されたのは、ボーズマンのコメントも交えた特別予告映像。NYマンハッタン島で勃発した8⼈の警官が殺された強盗事件で、ボーズマン演じるアンドレ刑事は、犯⼈追跡のためにマンハッタン島に架かる21の橋全てを封鎖することに。しかし、追跡を進めるうちに、表向きの事件とはまったく別の陰謀があることに気づく。映像内では、マッケナ署⻑を演じるJ・K・シモンズが「チャドウィックが演じたアンドレ刑事はマンハッタン島を封鎖し犯⼈を閉じ込めようと思いつく」とストーリーを解説。“マンハッタン島完全封鎖”という壮⼤な計画の中で⾏われる犯⼈追跡に「史上最⼤の追跡劇が始まる」とボーズマンは興奮気味に語り、「ぜひ⾒てくれ」と呼びかけている。

■公開情報
『21ブリッジ』
4⽉9⽇(金)全国ロードショー
監督:ブライアン・カーク
脚本:アダム・マーヴィス、マシュー・マイケル・カーナハン
製作:ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ
出演:チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J・K・シモンズほか
配給:ショウゲート
2019/中国・アメリカ/99分/原題:21 Bridges
(c)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:21bridges.jp
公式Twitter:@21bridges_jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/21Bridgesmoviejp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる