チャドウィック・ボーズマン&シエナ・ミラーが語る 『21ブリッジ』インタビュー映像

チャドウィック・ボーズマン&シエナ・ミラーが語る 『21ブリッジ』インタビュー映像

 4⽉9⽇公開の『21ブリッジ』より、主演・プロデュースを務めたチャドウィック・ボーズマンとシエナ・ミラーのインタビュー映像が公開された。

 本作は、ニューヨークのマンハッタン島を舞台に、警察官の父を殺害された過去を持つアンドレ刑事(チャドウィック・ボーズマン)が、孤立無援の中、街ぐるみの犯罪に挑むクライム・アクション・ミステリー。主演のみならずプロデュースという形で参加したボーズマンだが、惜しくも全米公開からわずか9カ月後の8月28日、ガンのためロサンゼルスの自宅で43歳の若さでこの世を去ってしまった。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の監督ほか、多くのヒット作を手がけるジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ兄弟が製作を務め、『ゲーム・オブ・スローンズ』などのカークが監督を担当。共演には、『アメリカン・スナイパー』のミラー、『バトルシップ』のテイラー・キッチュ、『セッション』のJ・K・シモンズらが名を連ねている。

『21ブリッジ』インタビュー映像

 公開された映像では、NY市警のアンドレ刑事を演じたボーズマンと、麻薬取締班のフランキー刑事を演じたミラーが、NY市の全面協力を得て、実際に夜間のマンハッタンで行われた撮影を振り返っている。ボーズマンは「夜の撮影はすごく大変だった」と当時の苦労を語る一方、そのリアリティを追求したシチュエーションは演じる上で役立ったという。「夜通し起きて1カ月半とか夜の撮影を続けていくと、刑事が身を置く世界に限りなく近づけるんだ」と、三日三晩ぶっ続けで捜査したり、危険な状況では極度の興奮状態になる事もある刑事の激務に触れながら、実弾が飛び交わない安全な撮影環境下でも、現実に近い興奮状態で撮影できたことを明かしている。

 本作ではNY市警の退職警官を技術顧問として迎えているほか、ボーズマン自身、NY市警の夜間警務の警官に同行して役作りも行っている。また、ボーズマン曰く本作の見どころは、動き出したら止まらないアクション。「観客は驚きと興奮の渦に引き込まれる。映画の途中でトイレには行けないだろうな」と自信をのぞかせ、対してミラーも、「とにかく驚きの連続。次々に事態が急変して何が起こるか分からない。席を立つのは無理。思いも寄らない展開が待ってる」と熱く語っている。

■公開情報
『21ブリッジ』
4⽉9⽇(金)全国ロードショー
監督:ブライアン・カーク
脚本:アダム・マーヴィス、マシュー・マイケル・カーナハン
製作:ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ
出演:チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J・K・シモンズほか
配給:ショウゲート
2019/中国・アメリカ/99分/原題:21 Bridges
(c)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:21bridges.jp
公式Twitter:@21bridges_jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/21Bridgesmoviejp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる