⻲梨和也×松村北斗のやりとりに胸が熱くなる 『レッドアイズ』後半戦に向けて加速の予感

⻲梨和也×松村北斗のやりとりに胸が熱くなる 『レッドアイズ』後半戦に向けて加速の予感

 『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)第6話。冒頭から繰り広げられる、伏見(亀梨和也)と真弓(TAK∴)による緊迫のアクションシーンは、思わず目を逸らしたくなるほどの迫力だ。湊川(シシド・カフカ)も加勢するが、真弓の超人的な強さを前に成す術がない。絶体絶命かと思われたが、「先生」からと思われる指示により、真弓はすんなりと攻撃の手を止める。KSBCに戻った伏見と湊川は、島原(松下奈緒)、山崎(木村祐一)、小牧(松村北斗)を交え、真弓、そして「先生」と呼ばれる存在について考察する。

 「この男を捕まえなければ、また私たちのまわりで被害者が出る可能性がある」ーーー島原が不安視していたとおり、今度は小牧の誘拐事件が発生。犯人グループの頭は、瀬沢(古谷隆太)という極悪非道の男だった。誘拐の目的は「みなと貴金属」の倉庫のハッキング。元々、小牧の大学時代の後輩・悠香(森田望智)が請け負った仕事であったが、超難関のセキュリティをハックできなかった悠香が、瀬沢に小牧を紹介した、という話だ。瀬沢は悠香に怪我を負わせることで、小牧にプレッシャーを与える。

 伏見と湊川が怪しい男を追跡するシーンでは、いつも遠隔からサポートしていた小牧がいかに優秀であったかが露呈する。小牧と同じようにできない自分に対し、もどかしさや申し訳なさを感じる長篠(趣里)に、山崎、そして島原がさりげなく言葉をかける。事件を経るごとに、KSBCのチーム感は高まってゆく。

 小牧はそのスキルをもって、瀬沢の要求を完遂。しかし、冴え渡る伏見のカンと光る観察眼、小牧のプログラミングの癖を知っていた長篠の発見、そして小牧自身が仕掛けた罠により、瀬沢はあっさりと逮捕される。とはいえこれにて一件落着、とはいかないのが『レッドアイズ』だ。

 実は、悠香と瀬沢は共犯者であり、悠香の負傷も芝居であった。そして、小牧はそれを見抜いていた。改めてその天才ぶりを目の当たりにした悠香は、犯罪の道へと小牧を誘う。冒頭の回想シーンにも表れていたが、人付き合いが苦手な小牧にとって、分け隔てなく接してくれた悠香の存在は大きかったはずだ。強迫じみた芝居をせずとも「悠香のためだったら」やったよ、と言葉にするほどに。そんな悠香からの誘いに小牧がなんと応えるか、KSBCメンバーは祈るように耳を澄ませる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる