ミーガン・フォックスがテロリストとライオンと対峙 『ローグ』5月7日公開決定

 ミーガン・フォックス主演映画『ローグ』が、5月7日より公開されることが決定した。

 本作は、アフリカの大地を舞台に、歴戦の傭兵部隊が、残忍なテロリストたちと血に飢えたライオンの群れに立ち向かうサバイバル・アクション。『トランスフォーマー』シリーズや『ミュータント・タートルズ』など数多くのアクション映画に出演してきたフォックスが、本作で銃器を取り扱う役に初挑戦。撮影のために厳しいトレーニングを乗り越え、次から次へと襲い掛かる死の脅威に立ち向かう強き傭兵を演じきった。

 くせ者揃いの傭兵部隊を率いる強きリーダー、サム(ミーガン・フォックス)。彼女たちは誘拐された政治家の愛娘を救出するためにアフリカの危険地帯へ降り立つが、テロリストらの熾烈な反撃に遭って任務は失敗し、広大な大地に取り残されてしまう。部隊は命からがら廃墟に逃げ込むが、そこはかつて密猟者の拠点としてライオンの繁殖が行われていた場所であった。ひとまず敵影のない建物に安堵し休息する一同だが、怒り猛る野獣が物陰から虎視眈々と獲物に狙いを定めていた。テロリストの追手も忍び寄る中、部隊に残された弾薬はごくわずか。果たして、サムたちはこの世の地獄から無事に生還することができるのか。

 監督を務めたのは、全世界大ヒットのホラーゲームを映像化した『サイレントヒル:リベレーション3D』が大きな話題を呼び、TVシリーズ『死霊のはらわた リターンズ』の監督も務めたM・J・バセット。本作では一部キャストに元軍人を起用したほか、自身が特殊部隊から訓練を受けた経験を活かして撮影を行った。

 あわせて公開されたビジュアルでは、銃を構えたフォックスとともに「最悪を生き抜け」とコピーが添えられている。

■公開情報
『ローグ』
5月7日(金) 新宿バルト9ほか 全国ロードショー
監督:M・J・バセット
脚本:イザベル・バセット、M・J・バセット
撮影:ブレンダン・バーンズ
音楽:スコット・シールズ、ジャック・ハラマ
編集:アンドリュー・マクリッチ
出演:ミーガン・フォックス、フィリップ・ウィンチェスター、グレッグ・クリーク、ブランドン・オーレ、ジェシカ・サットン、ケネス・フォク
配給:クロックワークス
2020年/南アフリカ・イギリス/カラー/シネマスコープ/5.1ch/106分/英語/PG12/原題:Rogue/字幕翻訳:大嶋えいじ
(c)2020 Mannequin Phoenix (Pty) Ltd. and Phoenix Wallace Limited
公式サイト: https://klockworx-v.com/rogue/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる