『知ってるワイフ』の大倉忠義に釘付け 『窮鼠はチーズの夢を見る』にも通じる“悲痛な表情”

 『知ってるワイフ』(フジテレビ系)にて、見事な“ダメ夫”ぶりを披露している大倉忠義。“二人のワイフ”に翻弄されている彼に、テレビ画面越しに釘付けになっているという方も多いのではないだろうか。視聴率に関しても、初回と比すればアップしている模様。筆者個人としては、これから先の展開が気になって仕方がない。こんな視聴者の興味をくすぐっているのが、主演を務める大倉の芝居なのである。

 “先の展開が気になって仕方がない”とは記したものの、本作は2018年の同名韓国ドラマのリメイク作だ。オリジナルからの多少の設定の改変はあるものの、物語の大筋は変わらない。オリジナルと本作とを照らし合わせて、あらかた展開を予測できている方もいるのではないかと思う。それでも先が気になる……そんな本作で私たちをヤキモキさせているのが、大倉演じる主人公・剣崎元春の存在。彼が“二人のワイフ”に翻弄される姿には、さまざまな感情を抱いてしまう。

 冒頭から“二人のワイフ”と奇妙な表現の仕方をしているが、本作は一夫多妻制がまかり通る世界線を描いた作品などではもちろんない。念のため簡単なあらすじを記しておこう。この物語は、妻である澪(広瀬アリス)との夫婦関係に不満を抱く元春が、「こんなはずじゃなかった!」と結婚生活を嘆いて過去にタイムスリップし、妻を入れ替えてしまうことからはじまった。この入れ替えの結果、元春は妻・沙也佳(瀧本美織)との優雅な日々を送っていたものの、まさかの“元妻”・澪が赤の他人として現れるのだから、さあ大変。行員である元春の部下として活き活きと立ち回る彼女には“夫婦時代”の面影はなく、とても輝いて目に映る。こうして元春は、“二人のワイフ”に翻弄されるわけだ。

 過去を変えてしまったのだから、その影響は現在においてほとんどのキャラクターに見られるが、自覚のある元春はこれまでに“二つの人生”を歩んできたことになる。澪と夫婦になった人生と、沙也佳と夫婦になった人生だ。これによって元春の人生と結びつきの強い人物を演じる俳優は、“過去”と“現在”とで個々それぞれにキャラクターの演じ分けをしなければならない。この演じ分けが顕著なのが、やはりメインとしてフォーカスされる澪と元春だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる