竹内涼真演じる響が母と衝撃の再会 『君と世界が終わる日に』の謎を一挙考察

竹内涼真演じる響が母と衝撃の再会 『君と世界が終わる日に』の謎を一挙考察

 暗闇に声が反響する。伸ばした手が触れたのは記憶にあるのと同じ感触だった。『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)第6話で、暗闇の先にあったのは目を背けたくなるような真実だった(以下、ネタバレを含む)。

 横浜を目指して封鎖ゲートにたどり着いた響(竹内涼真)たち。そこで目にしたのはゴーレムの大群だった。ウイルスはすでに封鎖区域の外に広がっており、一行はこれ以上進むことを断念。結月(横溝菜帆)に飲ませる喘息の薬を探して、響は猿ノ島で再会した刀集団の坪井(小久保寿人)たちと横須賀駐屯地の地下に潜入する。

 『君と世界が終わる日に』には、いくつかの明かされていない「謎」がある。ウイルスはどこから来たのか? 響がトンネル事故から脱出するまでの数日間に何があったのか? なぜ響たちは自衛隊から攻撃されたのか? 響の父・拓郎(小市慢太郎)はどこで何をしているのか? それらの謎を解く鍵を握っているのが、日韓新興感染症対策機構を率いる首藤(滝藤賢一)だ。

 ゴーレムウイルスの脅威から人類を救おうとする首藤に、裏の顔があることは折に触れて示唆されてきた。Season1の折り返しに当たる第6話では、いよいよその魂胆が明かされる。謎の男・御前崎(宇野祥平)が「あの男は狂気に取りつかれている」と言うように、首藤はゴーレム化した牛込(神保悟志)に響を襲わせる。首藤は意図的にゴーレムを生み出しているようで、その方法は、直接ゴーレムに噛みつかせるか、ゴーレムウイルスを注射するかのいずれかであると思われる。

 ワクチン開発に心血を注ぐ首藤は、特別な遺伝子を持つ来美(中条あやみ)を被検体として利用する。響たちが自衛隊から発砲されたのは、来美に近づかせないためだと思っていたが、それだけでなく「近しい別の女性」から遠ざけるという目的もあった。その女性は、16年前に病死した響の母・琴子(臼田あさ美)で、機構の地下でゴーレムになって捕えられていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる