越川道夫監督最新作『アララト』5月15日公開 行平あい佳が妖艶な表情を見せる場面写真も

 越川道夫監督作『「アララト」誰でもない恋人たちの風景vol.3』が、5月15日よりK’s cinemaにて2週間限定公開されることが決定した。

 本作は、『アレノ』『海辺の生と死』などの越川監督が手がけたラブストーリー。2019年公開の『愛の小さな歴史』、2020年公開の『あざみさんのこと』と、時にすれ違い、時に惹かれあう恋人たちを優しい目線で描いてきた「誰でもない恋人たちの風景」シリーズ。同シリーズの最新作“vol.3”となる本作では、交錯する夫婦の願いや実情を美しくも儚げに映し出していく。

 主演を務めるのは、城定秀夫監督作『私の奴隷になりなさい第2章ご主人様と呼ばせてください』で初主演を飾った行平あい佳。夫との関係に悩み、彼を第一に考えながらも優しい同僚に惹かれてしまうヒロイン・サキを演じる。サキの夫・スギちゃんには自身も左半身に麻痺を抱えながら舞台「を待ちながらなどで俳優として活動する荻田忠利。サキに思いを寄せるユキオを新進気鋭の落語家、春風亭㐂いちが演じるほか、個性派バイプレイヤーの後藤ユウミ、ムーンライダーズの鈴木博文、監督が最も信頼を寄せる俳優のひとりである鈴木晋介などが脇を固めている。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、一糸まとわぬサキの頬に、男性の手が優しく添えられる営みのひと時が切り取られている。また場面写真では、サキがベッドで夫・スギちゃんを愛おしく見つめる様子や、幸せな時を思わせる柔らかな表情、ファミレスの同僚・ユキオと話す姿が切り取られている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『「アララト」誰でもない恋人たちの風景vol.3』
5月15日(土)よりK’s cinemaにて2週間限定ロードショー
脚本・監督:越川道夫
出演:行平あい佳、荻田忠利、春風亭㐂いち、後藤ユウミ、鈴木博文、鈴木晋介
製作:村上潔
プロデューサー:山口幸彦
音楽:宇波拓
製作:キングレコード株式会社
制作:スローラーナー
配給:キングレコード株式会社
2021年/120分/日本/カラー1/1:1.85/5.1ch/DCP
(c)2021キングレコード
公式サイト:ararato-movie.com
公式Twitter @EroticaQueen21

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる