染谷将太、『麒麟がくる』最終回を語る 「とても切なくエモーショナル」

染谷将太、『麒麟がくる』最終回を語る 「とても切なくエモーショナル」

 2月7日に最終回を迎える大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)。このたび、織田信長を演じる染谷将太よりコメントが寄せられた。

 本作は、大河ドラマ第29作『太平記』の池端俊策が脚本を手掛けた戦国時代劇。織田信長の家臣として知られ、日本史の一大事件のひとつ「本能寺の変」を起こした智将・明智光秀(長谷川博己)を主役とし、その謎めいた半生に光を当てていく。

 最終回で描かれるのは「本能寺の変」。信長を演じた染谷は、「ついに最終回、そして『本能寺の変』がやってきます。 光秀が見る麒麟はいったいどんな麒麟なのか、光秀の葛藤の先にあるものは一体何が待ち受けているのか、とても切なくエモーショナルであり、興奮してしまうような最終回ですので、是非多くの方にご覧いただきたいです」と視聴者へメッセージを送っている。 

■放送情報
大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合にて、毎週日曜20:00〜放送
BSプレミアムにて、毎週日曜18:00〜放送
BS4Kにて、毎週日曜9:00〜放送
主演:長谷川博己
作:池端俊策
語り:市川海老蔵
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/
公式Twitter:@nhk_kirin

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる