シットコムの世界に異変が起こり始める 『ワンダヴィジョン』第2弾予告編&新キーアート公開

 ディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)にて独占配信中のドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』より、第2弾予告編と最新キーアートが公開された。

 本作は、マーベル・スタジオが贈る“初”オリジナルドラマシリーズの第1弾。ワンダとヴィジョンの、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の“その後”を描く。舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。とある郊外の街に、長い恋愛の末、晴れて結婚したスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンが引っ越す。60年代のアメリカを想起させるポップでお洒落な洋服に身を包んだ2人は、夢にまでみた結婚生活を手に入れ、幸せな日々を送っていた。楽しい食卓を広げるワンダとヴィジョン、しかし次第にその裏に隠された“謎”がむき出しになっていく。第4話では、ついに『アベンジャーズ/エンドゲーム』との繋がりが明らかになった。

 公開された最新キーアートでは、カラーのワンダ、ヴィジョン、モニカ・ランボーらの姿が切り取られている。

ワンダヴィジョン | 第2弾 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)

 第2弾予告編は、『キャプテン・マーベル』から再登場となったモニカが外の世界へ投げ出され、物語が急展開を迎えたシーンから始まり、『マイティ・ソー』のダーシー・ルイス、『アントマン&ワスプ』のジミー・ウーが登場。モニカが突然姿を消したことをきっかけに、シットコムの世界に住むワンダとヴィジョンの謎を突き止めようとする。映像では、2人のいる世界が現実なのか、タイムトラベルなのか、全く真相を掴めない彼らが、唯一の鍵であるモニカを頼りにさらなる調査を進めていることが明らかに。

 さらに映像は、ワンダとヴィジョンの幸せな物語の続きが描かれたかと思いきや、突然涙を流す住人や不可解なことを言い出す隣人のアグネスなど、不気味なシーンが続く。後半には「どう始まったのか……」と混乱するワンダの声、「町の外には何が?」と異変に気づき外の世界へ踏み出そうとするヴィジョンの姿が映し出されている。

■配信情報
ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』
ディズニープラスにて配信中、第5話は2月5日(金)より配信
監督:マット・シャックマン
脚本:ジャック・シェイファー
出演:エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー
原題:WandaVision
(c)2021 Marvel

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる