門脇麦と水原希子が撮影の裏側と役柄への想いを明かす 『あのこは貴族』特別映像公開

『あのこは貴族』特別映像

 門脇麦と水原希子が共演する映画『あのこは貴族』の特別映像が公開された。

 初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子監督の長編2作目となる本作は、山内マリコの同名小説を原作とした、異なる階層で生きる女性たちの自立の物語。門脇が都会に生まれ、婚活に余念がない箱入り娘の華子を演じ、水原が地方から上京し、自力で都会を生き抜く美紀役を務める。そのほか、2人を繋ぐことになる弁護士・幸一郎役を高良健吾、華子の学生時代からの友人でバイオリニストの逸子役を石橋静河、美紀の地元の友人で同じ名門大学に入学する・平田役を山下リオが演じる。

映画『あのこは貴族』特別映像

 公開された映像では、本作で、華子と美紀を演じた門脇と水原が、映画について、自身が演じた役柄についての想いを明かしている。「女の子2人の映画って世界中でも今までもたくさん作られてきているけど、お互いバラバラに一歩一歩歩む、そういう映画は見たことが無かった」と語るのは本作で華子を演じ、主演として現場を牽引した門脇。「今までになかったガールズムービーになる」と自信を覗かせるその姿とは裏腹に、劇中では、少ないセリフと控えめな表現で箱入り娘の華子を体現した。

 結婚=幸せであることを信じ、家族や家柄といった狭い世界の価値観から抜け出せずにいる華子について、「自分が“これをしたい”と決断することで、家族が傷ついたり、裏切ってしまった、ということもあるからレールを踏み外せない」と分析をしながら、「台本を更新していく喜びがすごくあった」と当時の撮影を振り返っている。

 一方で、自身が演じた美紀という役柄を「挫折を繰り返しながらも、自分の居場所を一生懸命見つけて強く生きていく女性」と語る水原。門脇同様、現場で進化していく台本や物語を肌で感じたようで「実際やってみて(台本より)もっと膨らむ感じはあったよね」と振り返り、その言葉を裏付けるように、映像内では、岨手監督と念入りに話し込む門脇、水原の姿も映し出されている。

■公開情報
『あのこは貴族』
2月26日(金)全国公開
監督・脚本:岨手由貴子
出演:門脇麦、水原希子、高良健吾、石橋静河、山下リオ、佐戸井けん太、篠原ゆき子、石橋けい、山中崇、高橋ひとみ、津嘉山正種、 銀粉蝶
原作:山内マリコ『あのこは貴族』(集英社文庫刊)
配給:東京テアトル/バンダイナムコアーツ
(c)山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
公式サイト: anokohakizoku-movie.com
公式Twitter:@aristocrats0226
公式Instagram:@aristocrats0226



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる