ファーストサマーウイカ、役者としてもブレイク間近? 抜きん出た自己プロデュース力

ファーストサマーウイカ、役者としてもブレイク間近? 抜きん出た自己プロデュース力

 杉咲花が主演を務めるNHK連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合)に、先週放送の第7週「好きになれてよかった」から、朝ドラ初出演となるファーストサマーウイカが登場。ハリウッド帰りの女優・ミカ本田役で視聴者にインパクトを与えている。

 コテコテの関西弁と、歯に衣着せぬ発言というヤンキーキャラで2019年にブレイクし、今ではモノマネ番組で見せる確かな歌唱力や、ラジオDJ、そして女優と、マルチな才能を発揮しているファーストサマーウイカ(以下ウイカ)。アイドル出身と思う人もいるかと思うが、実は根っからの演技派でもある。

 高校卒業後に演劇を志し、2009年に関西の小劇団である劇団レトルト内閣に入団。バイトや派遣OLをしながら本名の「初夏(ういか)」名義で関西を中心に5年間役者を経験した後、上京心が芽生え、ノリで受けたアイドルグループBiSの新メンバーオーディションに合格、加入したという経緯だ。プー・ルイを中心に、過激なプロモーションと確かな音楽パフォーマンスで話題を呼んでいた当時のBiSだが、その中でもウイカは、大人たちの無理難題に動揺しない落ち着きぶりを発揮、力強い歌唱力も相まって、当時から自分の見せ方を知っている人だと感じた。

 第1期BiSの解散以降は、音楽グループBILLIE IDLE(R)の活動と並行して舞台などの女優活動も本格化。2019年1月放送の『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)に、初めてバラエティのオーディションを経て出演したのをきっかけに、「かきあげ前髪・関西弁・ヤンキーキャラ』という、ご意見番的毒舌キャラで一気にブレイクを果たした。「売れているアイドルは漫画になっても成立するような、キャラクターが立っている人ばかり」(引用:ファーストサマーウイカ、関西弁毒舌でバラエティ界に新旋風も「すべては計算済み!?」)だとアイドル時代に学び、今の漫画になりやすいキャラも意図的にやっていると語っている。一見“ネタキャラ”と思われがちだが、実はBiS時代からの自己プロデュース力の高さこそがブレイクの要因であり、演技の面でも同じことが言える。

 女優として連ドラ初出演となったのが、2019年の黒木華主演のドラマ『凪のお暇』(TBS系)。1話ごとに田舎から出てきたギャルや、婚活パーティーの司会者など異なる役柄でレギュラー出演という特殊な形での出演だが、ウイカにとってはうってつけの起用だ。どう見てもウイカなのに、当たり前のように別人になりきっている面白さを毎週のように発揮していたが、それができるのも、一人何役もこなす佐藤二朗やエディ・マーフィのような個性派俳優と同じように、なにかハプニングを期待させる存在として、ファーストサマーウイカというブランドがすでに完成しているからこそ。あくまでも脇役の1人に徹し「こんな人いるよな」と思わせる演技は、長年の演劇経験や、アイドル時代に学んだキャラ作りのノウハウの賜物だろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる