森久保祥太郎&寺島拓篤、『マティアス&マキシム』BD&DVD収録の日本語吹替版キャストに

 3月12日にBlu-ray&DVDが発売される『マティアス&マキシム』の日本語吹替版キャストが発表された。

 『トム・アット・ザ・ファーム』以来6年ぶりにグザヴィエ・ドラン監督が役者として自身の作品に出演し、故郷モントリオールで親しい仲間とともに作り上げた本作。これまで一貫して描き続けてきた“母と子”というテーマから一新、2人の青年の友情と揺れる恋心に焦点を当てた。

 日本語吹替版キャストとして発表されたのは、ガブリエル・ダルメイダ・フレイタスが演じたマティアス役に『MAJOR』『NARUTO -ナルト-』の森久保祥太郎、ドランが演じたマキシム役に『創聖のアクエリオン』『デュラララ!!』の寺島拓篤。また、2人の幼なじみたちを荻原秀樹、岩崎諒太、丹羽正人、市橋尚史らが演じる。さらに、ハリス・ディキンソンが演じた、マティアスの仕事相手として登場するケヴィンの吹き替えを『KING OF PRISM』の八代拓が担当する。

 また、『マティアス&マキシム』公式Twitterにてリツイートキャンペーンが実施されることも決定。対象のツイートをリツイートして人の中から抽選で3名に、日本語吹替版キャストのサイン入り台本がプレゼントされる。応募期間は1月28日から31日となる。

コメント

森久保祥太郎(マティアス役)

舞台はカナダであり、言語はフランス語という文化圏での若者達の日常は、とても新鮮に感じました。ノリだったり、夢中になること、悩むことなど、僕らが経験してきたものとはまた違った空気の中での青春。そんなカルチャーの違いも楽しみながら作品を読み解き、演じさせていただきました。寺島くんとは、洋画の吹き替えでの共演は初めてで、これまた新鮮な気持ちで共演しました。ぜひ、多くの方に見ていただきたいですね。

寺島拓篤(マキシム役)

今まであまり吹き替えのお仕事に巡り会わなかったので、前日までかなり緊張しながら準備しました。直接的な言葉の表現が多くない中で、マキシムの抱えている思いや、時にぶつけてしまう感情をいかに表現できるか、グザヴィエ氏のお芝居と重なっていく感覚がとても新鮮でした。とても繊細な時間が流れるこの作品を、ぜひ吹き替えでもお楽しみください。

■リリース情報
『マティアス&マキシム』
3月12日(金)Blu-ray&DVD発売

・Blu-ray
価格:5,200円(税別)
仕様:2019年/カナダ/カラー/本編120分+映像特典約15分/16:9LBビスタサイズ/片面1層/音声 1.フランス語リニアPCM5.1chサラウンド 2.日本リニアPCM2.0ch/日本語字幕

・DVD
価格:4,200円(税別)
仕様:2019年/カナダ/カラー/本編120分+映像特典約15分/16:9LBビスタサイズ/片面1層/音声 1.フランス語ドルビーデジタル5.1chサラウンド 2.日本語ドルビーデジタル2.0ch/日本語字幕

※仕様は変更となる場合あり

【特典映像】
●未公開シーン集
●エリカの短編映画
●特別映像 「傷痕」最果タヒ×菅田将暉
●予告編集

【封入特典】
<初回生産限定>
初回生産限定・豪華アウターケース
<封入特典>
●ポストカード2枚                 

【日本語吹替版 ボイスキャスト】 
マティアス(ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス):森久保祥太郎
マキシム(グザヴィエ・ドラン):寺島拓篤
リヴェット:荻原秀樹
フランク:岩崎諒太
ブラス:丹羽正人
シャリフ:市橋尚史
マノン:浅井晴美
フランシーヌ:笹島かほる
サラ:兼田めぐみ
エリカ:堀籠沙耶
リサ:平山笑美
ジネット:かとう有花
マティス:木村大樹 
ケヴィン・マカフィ(ハリス・ディキンソン):八代拓

【吹替版制作スタッフ】
吹替版翻訳:赤坂純子
録音・調整:原口崇正
演出:サイトウユウ
制作:株式会社チャンス イン

発売・販売元:TCエンタテインメント
(c)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる