菅田将暉、グザヴィエ・ドラン新作に捧げた最果タヒの詩を朗読 『マティアス&マキシム』特別映像

菅田将暉、グザヴィエ・ドラン新作に捧げた最果タヒの詩を朗読 『マティアス&マキシム』特別映像

 9月25日に公開されるグザヴィエ・ドラン監督最新作『マティアス&マキシム』。詩人・最果タヒが本作に寄稿した詩を、俳優・菅田将暉が読み上げる特別映像が公開された。

 第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された本作は、ドラン監督がルカ・グァダニーノ監督作『君の名前で僕を呼んで』に感銘を受け描いたという愛の物語。『トム・アット・ザ・ファーム』以来6年ぶりにドラン監督が役者として自身の作品に出演し、故郷モントリオールで親しい仲間とともに作り上げた。これまで一貫して描き続けてきた“母と子”というテーマから一新、2人の青年の友情と揺れる恋心に焦点を当てた。

 マティアス(ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス)とマキシム(グザヴィエ・ドラン)は30歳で幼なじみ。友人が撮る短編映画で男性同士のキスシーンを演じることになった2人は、その偶然のキスをきっかけに秘めていた互いへの気持ちに気づき始める。美しい婚約者のいるマティアスは、親友に芽生えた感情に戸惑いを隠せない。一方、マキシムは友情が壊れてしまうことを恐れ、想いを告げずにオーストラリアへと旅立つ準備をしていた。迫る別れの日を目前に、2人は抑えることのできない本当の想いを確かめようとするのだが……。

菅田将暉が最果タヒの詩を朗読 映画『マティアス&マキシム』特別映像

 公開された特別映像では、本編の映像に合わせて、本作に寄せた最果の詩を菅田が朗読する。かねてからドラン監督のファンを公言してきた菅田。以前には「最近観て、これはすごいなと思ったのがグザヴィエ・ドラン。こんな感性の人がいるんだなって。10代で監督デビューして、自分で衣装も編集もやるし、主演の時もありますよね。衝撃でした」とドランとの出会いを語っている。

 菅田が朗読する最果の詩は、以下の通り。菅田からはコメントも寄せられている。

菅田将暉が朗読する詩

『傷痕』作:最果タヒ
―映画「マティアス&マキシム」に寄せてー

すこしでも触れられたら裂けてしまいそうな傷口が、
ぼくそのものだと気づいている?
きみの前で、ぼくは、
触れられたくてたまらなくなる。
痛みが美しいだなんて言わない、
ぼくはただ、きみを求めていた。
血や、叫びが、ぼくから流れ出して、
ぼくはそれでも、きみの掌に包まれたかった。
傷口が、ひどくさみしい。
誰よりもぼくを深く傷つけるひと、
きみの手はあたたかいと、ぼくは早くきみに言いたい。

菅田将暉 コメント

傷みに耐えられる心など
ある筈もなく
果てしなく痛々しい
でもその姿が最高に美しい
人間には愛がある
そう教えられた気がします

■公開情報
『マティアス&マキシム』
9月25日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督・脚本:グザヴィエ・ドラン
出演:ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス、グザヴィエ・ドラン、ピア・リュック・ファンク、ハリス・ディキンソン、アンヌ・ドルヴァル
配給:ファントム・フィルム
原題:Matthias & Maxime/2019年/カナダ/120分/ビスタ/5.1ch
(c)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
公式サイト:phantom-film.com/m-m/
公式Twitter:@mattandmax_jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる