亀梨和也と愉快な仲間たちに注目 『レッドアイズ 監視捜査班』“元犯罪者”のドリームチーム

亀梨和也と愉快な仲間たちに注目 『レッドアイズ 監視捜査班』“元犯罪者”のドリームチーム

 ついに始まる、新たな土曜ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)。これは亀梨和也が主演を務める、“サイバー・クライム・サスペンス”だ。タイトルにある『監視捜査班』からも分かるとおり、本作は“刑事ドラマ”の一種だが、どこか一味違う印象。それを、亀梨の周囲を固めるユニークな面々が実現させている。

 まず本作は、“刑事ドラマ”であるのと同時に“復讐ドラマ”でもある。あらすじとしては、とある一人の男・伏見響介(亀梨和也)が、神奈川県警が新設した組織に招集されることに。3年前まで彼は県警捜査一課の敏腕刑事であったが、“青いコート”を着た謎の男に婚約者を殺害されたことを機に辞職し、現在は探偵業を生業としている。そんな彼に声をかけるのが、新組織・KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の指揮官である島原由梨(松下奈緒)。伏見はこのKSBCの特別捜査官に着任するにあたり、探偵事務所の仲間も迎え入れることを条件とする。そこから、ユニークな面々で構成されたKSBCの活動が始まるのだ。だいたい予想がつくだろう。伏見はKSBCに力を貸しつつ、これを利用して“憎き相手への復讐”を成し遂げようとするのである。

 このKSBCとは、街中のいたるところに設置された監視カメラや防犯カメラが捉えた映像データをリアルタイムで解析し、事件解決に役立てる組織のこと。これを構成するメンツが面白い。なにせ、伏見が引き入れた仲間たちとは、誰も彼もが“元犯罪者”だ。木村祐一が演じる山崎辰二郎は、かつては大学教授であり元犯罪心理学者。ところが詐欺事件に関わり逮捕されたのだという。彼は的確に犯罪者の心理を予測することができる。

 松村北斗が演じる小牧要は天才ハッカーだ。非常に優秀な青年であったが、度重なる不正なハッキング行為の末に逮捕されたらしい。情報収集が重要とされるKSBCでは有望視される存在だろう。そして、シシド・カフカが扮するのは、一人息子を愛するシングルマザーの湊川由美子。彼女は元自衛官であり、高い身体能力を有している。暴力を振るう夫から息子を守るため、やむをえず夫を殺害して逮捕されたようだ。“頭脳派”の前者二人に対し、フィジカル面における重要なポジションは彼女が担ってくれそうである。


 さらに、県警のサイバー犯罪対策課からKSBCに異動してきた情報分析官・長篠文香に扮するのが趣里。彼女は“警察”である。伏見が連れてきた面々とは完全に立場が違う。しかし、伏見の仲間は超優秀だ。上手く手を取り合えるのか、はたまた火花を散らし合うことになるのか。上司である島原は伏見の“過去”を知っているのだから、KSBCにおいて長篠がもっともフラットな存在だ。だからこそ彼女が、作品の印象を左右する役どころだともいえそうである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる