父と自閉症スペクトラムの息子の絆を描く ニル・ベルグマン監督作『旅立つ息子へ』3月公開

父と自閉症スペクトラムの息子の絆を描く ニル・ベルグマン監督作『旅立つ息子へ』3月公開

 イスラエルの映画監督ニル・ベルグマンの最新作『Here We Are(英題)』が、『旅立つ息子へ』の邦題で3月26日に全国公開されることが決定した。

 本作は、第73回カンヌ国際映画祭など世界中の映画祭に正式出品された、爽やかな旅立ちの物語。世界でいちばん愛する息子のために、キャリアも妻も捨てて、子育てに人生を捧げてきた父は、「金はなくても愛がある!」と田舎に引っ込み、2人だけの世界を楽しんできた。ところがある日、彼らに突然の試練が訪れる。

 『ブロークン・ウィング』で長編デビューし、第15回東京国際映画祭でグランプリを受賞したベルグマン監督。『僕の心の奥の文法』でも同映画祭でグランプリを受賞し、東京国際映画祭史上初にして唯一の二度のグランプリ受賞の快挙を果たしている。本作は、イスラエル・アカデミー賞では監督賞をはじめ4部門受賞の評価を得ている。

 息子ウリ役を演じたノアム・インベルは、オーディションでこの役を勝ち取った新人。実際に、彼の父親は自閉症スペクトラム施設の職員で、小さい頃から施設の友達と一緒に育った経験が、キャラクターへの深い理解に繋がっている。父親役のシャイ・アヴィヴィは『喪が明ける日に』などに出演のイスラエルで活躍するベテラン俳優。さらに、この物語は脚本家ダナ・イディシスの父親と、自閉症スペクトラムの弟の特別な関係をモデルに作り上げられた。

 あわせて場面写真も公開。息子を愛おしそうに見つめる父親・アハロン(シャイ・アヴィヴィ)の姿や、自転車から降り、仲良く足並みを揃えて歩いているシーン、旅先の光景にきらきらと目を輝かせているウリ(ノアム・インベル)を捉えたカットや、シャトルバスで移動している場面、そして切なくも愛おしげな表情のアハロンの姿が切り取られている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『旅立つ息子へ』
3月26日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開
監督:ニル・ベルグマン
脚本:ダナ・イディシス
出演:シャイ・アヴィヴィ、ノアム・インベル、スマダル・ヴォルフマン
配給:ロングライド
2020年/イスラエル・イタリア/ヘブライ語/94分/1.85ビスタ/カラー/5.1ch/英題:Here We Are/日本語字幕:原田りえ
(c)2020 Spiro Films LTD.
公式サイト: https://longride.jp/musukoe

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる