若葉竜也、『おちょやん』でさらなる高みへ 朝ドラ“初恋の相手”役の系譜に連なるか

若葉竜也、『おちょやん』でさらなる高みへ 朝ドラ“初恋の相手”役の系譜に連なるか

 若葉演じる真治は、鶴亀撮影所の助監督として走り回りながら、いつか監督をしたいと願っている青年。撮影所の大部屋女優となったものの、右も左もわからない千代(杉咲花)を助け、千代の初恋の相手にもなりそうな予感だ。朝ドラヒロインの初恋の相手役には、これまでも『あまちゃん』の小池徹平や、『スカーレット』の溝端淳平など豪華なキャストが起用されてきた。

「朝ドラにおいては、主人公役はもちろんですが、主人公の友人や主人公の初恋相手役などを演じた役者も、朝ドラをきっかけにブレイクすることがこれまでも多くありました。とくに初恋相手というのは、一番話題になりやすいポジションでもありますから、若葉さんも本作を機にさらに知名度を拡大するのではないでしょうか。今泉監督作品以外の恋愛作品にはほとんど出演していないので、『おちょやん』でどんな演技を見せてくれるか楽しみですね。これまでバイプレイヤーとしての役割が多かったですが、今年は、今回の『おちょやん』出演に加えて、主演映画『街の上で』の公開も控えているので、さらなる飛躍が期待できます」

 これまでにも数多くの作品に出演してきた若葉。その活躍は2021年もとどまるところを知らなそうだ。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『おちょやん』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:杉咲花、成田凌、篠原涼子、トータス松本、井川遥、中村鴈治郎、名倉潤、板尾創路、 星田英利、いしのようこ、宮田圭子、西川忠志、東野絢香、若葉竜也、西村和彦、映美くらら、渋谷天外、若村麻由美ほか
語り:桂吉弥
脚本:八津弘幸
制作統括:櫻井壮一、熊野律時
音楽:サキタハヂメ
演出:椰川善郎、盆子原誠ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる