中川大輔、『監察医 朝顔 新春SP』にゲスト出演 「真相を推測しながら楽しんで下さい!」

中川大輔、『監察医 朝顔 新春SP』にゲスト出演 「真相を推測しながら楽しんで下さい!」

 中川大輔が、1月11日放送のフジテレビ月9ドラマ『監察医 朝顔 新春SP』にゲスト出演する。

 『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載されていた法医学者と刑事という異色の父娘を描いた同名医療漫画をドラマ化した本作。続編では、2019年夏クール放送の第1シーズンと同様に各話で、主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)たちが、さまざまな事件と遺体に相対していく。そして、前作よりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合っていく姿が描かれる。

 新春スペシャルで放送されるのは、朝顔と夫の桑原(風間俊介)が初めて出会ってから恋人として付き合うまでのことや、朝顔が娘のつぐみ(加藤柚凪)を身ごもってから生まれるまでのことなど、これまで描かれることのなかった物語。

 また、朝顔がつぐみを妊娠しているさなかに起きた、とある事件も描かれる。被害者の広告代理店に勤務する大野雄太は、スーツ姿で、空き地に仰向けになって亡くなっていた。警察が遺体を発見したのは、公衆電話からの通報によるもので、電話の主は名前すら名乗らずに切ったため、第一発見者は特定できていない。遺体を調べると、もともとうつぶせだったところを、誰かが引きずって仰向けにした形跡が見つかっている。

 中川が演じるのは、大野と同じ広告代理店に勤める先輩社員の田中。大野が亡くなる前に会社の食事会があり、田中と大野はもう一人同僚を連れて、4次会まで食事をしていた。それを知った警察は田中のもとへ聞き込みに向かう。

中川大輔 コメント

出演への感想

『監察医 朝顔』を視聴者として見ていたので、自分もあの優しい世界観に入れるんだとすごく嬉しかったです。現場でも朝顔チームの中でお芝居が出来ることが幸せでした。今から放送を楽しみにしています。

視聴者へメッセージ

新春SPではいくつかの時代の事件、そして家族の模様が描かれています。僕は事件のパートに関わっています。真相を推測しながら楽しんで下さい! 自分自身今まで演じたことのないタイプの人物だったので、そこも注目して頂きたいです!

■放送情報
『監察医 朝顔』
フジテレビ系にて、毎週月曜21:00〜放送
(2020年秋・2021年冬2クール連続)
出演:上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、望月歩、田川隼嗣、宮本茉由、辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)、加藤柚凪、戸次重幸、平岩紙、三宅弘城、杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明、大竹しのぶ、佐野瑞樹ほか
原作:『監察医 朝顔』(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ
プロデュース:金城綾香
演出:平野眞、阿部雅和
制作:フジテレビ
(c)フジテレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる