『キャプテン・マーベル』登場のモニカとの噛み合わない会話が 『ワンダヴィジョン』最新予告公開

『キャプテン・マーベル』登場のモニカとの噛み合わない会話が 『ワンダヴィジョン』最新予告公開

 ディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)にて2021年1月15日より日米同時配信されるオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』の新たな予告編が公開された。

  本作は、マーベル・スタジオが贈る“初”オリジナルドラマシリーズの第1弾。ワンダとヴィジョンの、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の“その後”を描く。舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。とある郊外の街に、長い恋愛の末、晴れて結婚したスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンが引っ越す。60年代のアメリカを想起させるポップでお洒落な洋服に身を包んだ2人は、夢にまでみた結婚生活を手に入れ、幸せな日々を送っていた。楽しい食卓を広げるワンダとヴィジョン、しかし次第にその裏に隠された“謎”がむき出しになっていく。

 『ゲーム・オブ・スローンズ』やドラマシリーズ『ファーゴ』のエピソード監督を務め、『フィラデルフィアは今日も晴れ』などを手がけたマット・シャックマンが監督を務める。脚本は『ブラック・ウィドウ』の原案を担当したジャック・シェイファーが担当。そして、ワンダ・マキシモフをエリザベル・オルセン、ヴィジョンをポール・ベタニーが演じる。

ワンダヴィジョン|60秒 予告編|1月15日 配信開始

 公開された予告編は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界で、スカーレット・ウィッチことワンダとヴィジョンが長い恋愛の末、晴れて結婚し、とある郊外の街で理想の結婚生活を送る様子から始まる。

 これ以上ない幸せな日々を共に過ごし、双子の子供まで授かった2人は、夢にまでみた生活を送っていた。しかし2人の前に現れた隣人による不可解な行動、そして『キャプテン・マーベル』に登場したキャプテン・マーベルの親友の娘モニカ・ランボーとワンダの噛み合わない会話など、次第に場面は不穏な空気に包まれる。

 強力なテレキネシスを繰り出すワンダ、本来の姿に戻るヴィジョンなど「何かがおかしい」と語るヴィジョンの言葉通りに、平穏な生活が崩れ落ち、壮大な戦いを予感させるシーンの数々が描かれている。

 ヴィジョンを演じるベタニーは本作の出演オファーを受けたとき「興奮したよ。本作のアイディアはとてもぶっ飛んだもので、実に見事だった」と語り、ワンダ役を務めるオルセンも同じく「ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)からオファーがあった時は、興奮したわ。マーベルの他の作品と違うものに感じられて、違う響きがあったの。本作に出演するのは、役者にとってとても楽しいチャレンジに思えた」と本作への期待を明かしている。

■配信情報
ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』
ディズニープラスにて、2021年1月15日(金)日米同時配信
監督:マット・シャックマン
脚本:ジャック・シェイファー
出演:エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー
原題:WandaVision
(c)2020 Marvel

 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる