年末企画:小野寺系の「2020年 年間ベスト映画TOP10」 作り手の真摯な熱意と自由な表現

年末企画:小野寺系の「2020年 年間ベスト映画TOP10」 作り手の真摯な熱意と自由な表現

 リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2020年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメの4つのカテゴリーに分け、映画の場合は、2020年に日本で公開された(Netflixオリジナルなど配信映画含む)洋邦の作品から、執筆者が独自の観点で10作品をセレクトする。第12回の選者は、映画評論家の小野寺系。(編集部)

1. 『その手に触れるまで』
2.  『名もなき生涯』
3.  『フォードvsフェラーリ』
4.  『82年生まれ、キム・ジヨン』
5.  『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
6.  『マーティン・エデン』
7.  『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』
8.  『Mank/マンク』
9.  『ミッドサマー』
10.  『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』

 コロナ禍の影響を受け、2020年は映画が相次いで公開延期となった。とくに厳しかったのが洋画の配給事情で、キャリー・ジョージ・フクナガ監督の『007』最新作や、アダム・ウィンガード監督の『GODZILLA VS. KONG(原題)』、トム・クルーズ主演の『トップガン マーヴェリック』など、公開が予定されていた大作が来年に持ち越しになったり、『ムーラン』のように配信作品となったものもある。

 そんななかで果敢にも公開され、劇場で映画を観る喜びを思い出させた『TENET テネット』、社会現象を起こした『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』の奮闘が、厳しい興行の希望となった。同時に、Netflixなどの配信事業にとっては、巣ごもり需要で皮肉にも躍進の年になったといえる。

 一方、そんな時代だからこそ、多様な価値観を持った優れたタイトルがたくさんあることを堅実に紹介していきたいという思いもある。ここで挙げている作品は、配信映画も含めて、作り手の作品づくりへの真摯な熱意と、自由な表現が活かされたものばかりだ。

『その手に触れるまで』(c)Les Films Du Fleuve – Archipel 35 – France 2 Cinema – Proximus – RTBF
『名もなき生涯』(c)2019 Twentieth Century Fox

 トップの2作品に関しては、両方とも巨匠監督の作だが、狭い主観視点がナショナリズムへの傾倒を表現していたり、暴力にさいなまれる人間の精神の呼応がダイナミックな映像美で表現されるなど、両監督のこれまでの作風が最大限に発揮できる題材が選ばれている。まさに、それぞれの監督のキャリアはこの一作のためにあったかのように感じられる傑作だ。

『82年生まれ、キム・ジヨン』(c)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
『はちどり』(c)2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.

 また、韓国の女性監督の台頭にも目を見張った。『82年生まれ、キム・ジヨン』、『はちどり』、そして2021年1月に公開となる『チャンシルさんには福が多いね』はそれぞれに、これまでなかなか語られなかった、女性の立場から見た歴史や社会の姿を映し出すものとなった。なかでも『82年生まれ、キム・ジヨン』は、支持の大きな原作を映画のためにもう一度練り直したことで、社会において女性たちが経験してきた想いを独自の手法によって白日のもとにさらすことになった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる