役所広司主演『すばらしき世界』にポン・ジュノ監督らが絶賛コメント ショート予告も公開

役所広司主演『すばらしき世界』にポン・ジュノ監督らが絶賛コメント ショート予告も公開

 2021年2月11日に全国ロードショーされる西川美和監督最新作『すばらしき世界』に、ポン・ジュノ監督、本木雅弘ら著名人が絶賛コメントを寄せた。

 本作は、『復讐するは我にあり』(文春文庫)で直木賞を受賞した佐木隆三の小説『身分帳』(講談社文庫)を原案とした西川監督の最新作。これまで一貫してオリジナルにこだわり続けた西川監督が、初めて実在の人物をモデルとした原案小説をもとに、その舞台を約35年後の現代に置き換え、徹底した取材を通じて脚本・映画化に挑む。

 「今度こそ、まっとうに生きる!」と13年の刑期を終えた三上(役所広司)を待っていたのは、目まぐるしく変化する、想像もつかない世界だった。三上に近づき、彼の姿を面白おかしく番組にしようする2人の若手テレビマン。まっすぐ過ぎるが故にトラブルばかりの元殺人犯が、いつしか彼らの人生を変えてしまう。

 三上が自らテレビ局へ送った、刑務所内の個人台帳である『身分帳』を手にするテレビディレクターを仲野太賀、三上が更生していく様子をテレビ番組にしようと獲物を狙うように近づくテレビプロデューサーを長澤まさみが演じる。そのほか、橋爪功、梶芽衣子、六角精児、北村有起哉、安田成美らが共演に名を連ねた。

 本作にコメントを寄せたのは、ポン・ジュノ監督、本木、小泉今日子、YOUら10名。いち早く本作を鑑賞しての感想を語っている。

役所広司主演『すばらしき世界』ショート予告編

 なお、本作のショート予告編もあわせて公開された。

コメント

ポン・ジュノ監督

私たちが生きるこの世界は、適応すべき価値がある場所なのか? と突きつけられた。とにかく実に深く、遥か先まで進んだ映画だ。

本木雅弘

幸福と鉛とを交互に飲み込む西川さんの作品には、他にはない滋味深さがある。
現実を転写したスクリーン上にみるみる零れる切なさと愛おしさ……観るべき、知るべき、この“すばらしき世界”。

小泉今日子

誰かが空を見上げ、美しいと感じる瞬間がある。
その瞬間の空には、わたしを含め個々の行動が反映されているのかもしれない。
素敵な映画でした。

YOU

右手に 柔らかく 包み込まれた秋桜が 優しい色で 尊くて
あぁ 人と交わした 証って
きっと こういうものかなぁ って
慎ましくて じゅうぶんにあたたかくて
嘘がなくて

角田光代

ただしいもまちがいもない、
このようにしか生きられないひとりの人の姿が在る。
その静かな重みに圧倒される。

操上和美

生きることは自分の性との戦い。
夢、希望も絶望もすべて捨て今を生きる役所広司が圧倒的に光る。

尾崎世界観(クリープハイプ)

ころころと変わる主人公三上の表情が、季節みたいだった。
それを観てる自分も、脱いだり着込んだり、傘をさしたり、忙しくて楽しかった。
終盤、走っている三上を見て、笑いながら泣いた。
こんな風に、祈るような気持ちで映画を観たのは初めてだった。

倉本美津留

人はいくつになってもやり直せるのか?
いくつになっても成長できるのか?
答えは YES である。
たとえこの映画の主人公のような人物でも。
自分の心との戦いから逃げなければ。

宇野維正

「役所広司×西川美和? そんなの傑作になるに決まってるじゃん」という期待を遥かに超えてきた。
清と濁。重さと軽さ。笑いと涙。
実話を超える映像と物語の力。すべてがあった。

久米宏

小学生の頃から映画館に入り浸っていました僕に言わせると入れ墨の人物が出てくる映画は面白いです。
「すばらしき世界」とは映画の世界だと理解しています。

■公開情報
『すばらしき世界』
2021年2月11日(木・祝)全国公開
出演:役所広司、仲野太賀、橋爪功、梶芽衣子、六角精児、北村有起哉、長澤まさみ、安田成美
脚本・監督:西川美和
原案:佐木隆三著『身分帳』(講談社文庫刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
公式サイト:subarashikisekai-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる