『今際の国のアリス』山崎賢人&土屋太鳳続投でシーズン2制作へ 「より多くの人に作品を届けられるように」

 Netflixにて独占配信中のオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』のシーズン2の制作が決定した。

 本作は、2010年から2016年まで『週刊少年サンデーS』『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載された、麻生羽呂の同名人気コミックスを映像化するSFサバイバル。人生に夢や生き甲斐を見出せず曖昧に生きてきたアリス(山崎賢人)と、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギ(土屋太鳳)が、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”でともに信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む。“今際の国”の謎は果たして明らかになるのか。物語はさらに予測不可能な展開へと突入する。

 シーズン1に引き続き、『アイアムアヒーロー』『GANTZ』『キングダム』の佐藤信介監督がメガホンを取り、山崎と土屋がW主演を続投する。

 発表にあわせて、シーズン2制作決定動画も公開された。

 佐藤監督、山崎、土屋、原作者の麻生、森井輝プロデューサーからはコメントが寄せられている。

コメント

佐藤信介監督

シーズン1では、世界中、多くの方々から沢山の喜びと驚嘆の声をいただきました。シーズン2への期待も大きく膨らんでいます。しかし、その想像を遥かに上回る世界を描きたいと思います。誰も見たことのない、謎に包まれた世界と、予期せぬ展開を、妥協なき映像で描きます。お楽しみに。

山崎賢人

色んな方から反響を頂き、この時代に「生きる」ことをテーマにした作品に出会えたこと、演じることができたことを改めて嬉しく思います。
シーズン1を超える、面白いものが作れるように。より多くの人に作品を届けられるように。最後までアリスを全うしたいと思います。

土屋太鳳

シーズン2という言葉は憧れでした。なぜならシーズン1を楽しんでいただけた証だからです。本当に嬉しく光栄です。しかし世界では、私が初めて「今際の国」を生きた2019年に比べ、あまりにも多くのことが変わりました。今も世界中で、新しい未来を切り開く挑戦が続いています。シーズン2は、その中での撮影となります。地球の一員として気を引き締め、アリスたちとともにウサギとして全力で、「愛情と希望」を表現したいと思います。

麻生羽呂

シーズン2制作決定、感無量です!
あそこで終わられたら、どうしたって続きが観たいですよね(笑)!
これ以上ないクリスマスプレゼントです。
制作陣の方々から、面白そうなアイデアをたくさん聞かせていただいているので、シーズン2はさらに驚くような映像美が観られると思います。
完成が待ち遠しすぎます!

森井輝プロデューサー

正直、世界中から寄せられる反響の多さに驚きを隠せません。こんなにも早く続編制作決定をお伝えすることができ、本当に嬉しく思います。
シーズン2を心待ちにされている、全世界のファンみなさまの期待に応えるべく、監督・キャスト・スタッフ一同、準備は出来ています。生き残ったプレイヤー達の更なるし烈な戦い、絵札とは? この国とは? シーズン1をさらに超えるスケールある物語を、是非楽しみにして配信をお待ちください。また今際の国でお会いしましょう!

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記。

■配信情報
Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』
Netflixにて、シーズン1全世界同時配信中
原作:麻生羽呂『今際の国のアリス』(小学館『少年サンデーコミックス』刊)
監督:佐藤信介
出演:山崎賢人、土屋太鳳、村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、柳俊太郎、渡辺佑太朗、水崎綾女、吉田美月喜、阿部力、金子ノブアキ、青柳翔、仲里依紗
脚本:渡部辰城、倉光泰子、佐藤信介
音楽:やまだ豊
撮影監督:河津太郎
美術監督:斎藤岩男
アクション監督:下村勇二
VFXスーパーバイザー:神谷誠、土井淳
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆
プロデューサー:森井輝
企画・制作:(株)ROBOT
(c)麻生羽呂・小学館/ROBOT
Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/今際の国のアリス

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる