アートに取り憑かれた人々による熱き戦い ドキュメンタリー映画『レンブラントは誰の手に』公開決定

 巨匠画家レンブラントをめぐる人々の情熱を捉えたドキュメンタリー映画『レンブラントは誰の手に』が2021年2月26日に公開されることが決定し、メインビジュアルと予告編が公開された。

 バロック絵画を代表し、没後350年以上経った今でも絶大なる人気を誇るオランダの巨匠画家、レンブラント。彼の作品を画商は見出し、貴族は愛し、コレクターは買い求め、美術館は競い合う。本作は、レンブラントが残した作品の美と魅力はもちろん、彼の作品に魅了される人々の情熱とそこに生まれる物語をドラマティックに映し出していく。

 『みんなのアムステルダム国立美術館』で美術館の舞台裏に深く切り込んだオランダのドキュメンタリー作家、ウケ・ホーヘンダイクが監督を務めた。

 公開された予告編は、新たなレンブラント作品を発見し、喜びに満ちた表情で当時を振り返る若き画商ヤン・シックスの映像から始まる。レンブラントが描いた「ヤン・シックスの肖像」を所有する一族に生まれ、モデルとなった当主から代々その絵を大事にしてきた11代目ヤン・シックス。しかし、贋作が多く存在することで知られるレンブラント。本物か贋作か雲行きが怪しくなっていく。また、フランスの富豪ロスチャイルド家が手放した2枚の絵画は、政治家を巻き込む国際問題に発展していく。

『レンブラントは誰の手に』予告編
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『レンブラントは誰の手に』
2021年2月26日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督・脚本:ウケ・ホーヘンダイク
出演:ヤン・シックス、エリック・ド・ロスチャイルド男爵、ターコ・ディビッツ(アムステルダム国立美術館)、エルンスト・ファン・デ・ウェテリンク教授、バックル―公爵
後援:オランダ王国大使館
配給:アンプラグド
2019年/オランダ/カラー/ビスタサイズ/オランダ語・英語・フランス語/原題:My Rembrandt/101分/日本語字幕:石塚香/字幕監修:幸福輝
(c)2019DiscoursFilm
公式サイト:rembrandt-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる