桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、マキタスポーツらの姿が 『さんかく窓の外側は夜』新場面写真

桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、マキタスポーツらの姿が 『さんかく窓の外側は夜』新場面写真

 2021年1月22日公開の映画『さんかく窓の外側は夜』の新場面写真が公開された。

 本作は、岡田将生演じる霊を祓うことができる男・冷川理人と、志尊淳演じる霊を視ることができる男・三角康介のふたりが、“除霊”を使って謎や事件を解決していくミステリー。ストーリーの鍵を握る“呪いを操る女子高生”非浦英莉可役を平手友梨奈が務める。

 公開されたのは、本作に出演するマキタスポーツ、桜井ユキ、新納慎也、和久井映見、筒井道隆らの姿を収めた場面写真。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 マキタスポーツは、ある宗教団体に所属し、英莉可の人を呪う力を利用する英莉可の父・非浦松男役で出演。本作では宗教にのめり込む父親を演じ、シリアスな一面を見せている。

 桜井が演じるのは、刑事・半澤(滝藤賢一)の妻・半澤冴子。霊を信じない超リアリストの半澤が、唯一信頼し心の拠り所にしている存在で、多忙な夫を支える明るい性格の女性だ。

 新納は、呪い屋として暗躍する英莉可の身を守るキャラクターとして、ボディガード・逆木一臣役に。また、和久井が三角の母・三角則子役で出演。忙しく働きながらも三角を気にかける、優しい母親を演じる。霊が視えるという特異体質に悩まされている三角にとって、則子と過ごす時間は心休まるひと時であり、親子の和やかな食卓シーンも描かれる。

 筒井が演じるのは、宗教団体の教祖・石黒哲哉。本作で筒井は、不敵な笑みを浮かべ、謎に包まれた教祖役を演じ切っている。英莉可を“呪い屋“として宗教団体に招き入れた石黒だが、彼の真の目的は一体何なのか。

■公開情報
『さんかく窓の外側は夜』
2021年1月22日(金)全国公開
出演:岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、滝藤賢一、筒井道隆、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見
原作:ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』(リブレ刊)
監督:森ガキ侑大
脚本:相沢友子
主題歌:ずっと真夜中でいいのに。「暗く黒く」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC)
配給:松竹
(c)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (c)Tomoko Yamashita/libre
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/sankakumado/
公式Twitter:@sankakumadoeiga
公式instagram:@sankakumadoeiga

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる