美 少年 浮所飛貴が白石聖の髪を束ねる 『胸が鳴るのは君のせい』特報映像公開

 ジャニーズJr.内グループ、美 少年の浮所飛貴主演映画『胸が鳴るのは君のせい』の公開日が2021年6月4日に決定し、特報映像とティザービジュアルが公開された。

 2012年から2014年まで『ベツコミ』(小学館)で連載され、累計発行部数250万部突破の大ヒット少女コミックを実写映画化する本作は、転校生の有馬隼人と、有馬を想い続ける篠原つかさが繰り広げる、親友のように仲がいい友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。

 有馬役を浮所、ヒロイン・つかさ役を白石聖が務め、『SPEC』シリーズや映画『悼む人』など、堤幸彦監督作品で監督補や編集ディレクターを務め、本作が長編映画監督デビューとなる高橋洋人監督がメガホンを取る。脚本は、TVドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)などの横田理恵が手がける。

映画『胸が鳴るのは君のせい』特報 2021年6月4日(金) 公開

 公開された特報映像は、有馬(浮所飛貴)に優しい眼差しで腕をひかれたつかさ(白石聖)が驚きの表情をみせるシーンからスタートする。しっかり者で明るくて、何事にも一生懸命のつかさがまっすぐに思いを寄せるのは、マイペースで何を考えているか掴めない親友の有馬。優しい眼差しで、いつもつかさを包みこむ有馬に、つかさは勇気を出し想いを告げたが、有馬の返答は「ごめん」の一言。映像には、有馬がつかさの後ろから髪を束ねるシーンや、つかさの髪についた葉を取り払うなど、まるでカップルのように仲睦まじい二人の姿や、つかさの告白にまさかの返答を告げる有馬の様子が収められている。

 あわせて公開されたティザービジュアルは、光が射す教室の中で、有馬とつかさがそれぞれ正面を見つめる表情が印象的なビジュアルとなっている。そして「気づけば、あたしはずっと君を目で追っていた。」とつかさの想いがこめられたキャッチコピーが添えられている。

※高橋洋人の「高」はハシゴダカが正式表記。

■公開情報
『胸が鳴るのは君のせい』
2021年6月4日(金)全国ロードショー
出演:浮所飛貴、白石聖
監督:高橋洋人
脚本:横田理恵
原作:『胸が鳴るのは君のせい』(紺野りさ/小学館/ベツコミ)
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
制作協力:ドリームプラス
配給:東映
(c)2021「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
公式サイト:munekimi-movie.com
公式Twitter::@munekimi_movie
公式Instagram:@munekimi_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる