高橋優斗、井上瑞稀らが大きな飛躍 ジャニーズJr.、“先輩ドラマへのゲスト出演”が演技のカギに?

 昨今ジャニーズJr.たちが様々な作品に出演し、演技分野で快進撃を続けている。今期のドラマでも、HiHi Jets・高橋優斗が『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)、Lil かんさい・嶋崎斗亜が『僕らは恋がヘタすぎる』(朝日放送)に出演するなど、多くの作品にジャニーズJr.たちの名前が並んでいる。一方、HiHi Jets・高橋やLil かんさい・嶋崎のように単独で出演するほかに、「先輩ドラマへのゲスト出演」も定番化しつつあるのではないだろうか。

 振り返ってみると、これまでも同様のケースは度々あった。例えば、NEWS・増田貴久出演の『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)に寺西拓人と少年忍者・川崎皇輝、同じくNEWS・増田主演の『レンタルなんもしない人』(テレビ東京系)に美 少年・藤井直樹、さらにHey! Say! JUMP・中島裕翔出演の『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)にHiHi Jets・高橋がそれぞれ出演。今期も風間俊介、SixTONES・森本慎太郎が出演している『監察医 朝顔2』(フジテレビ系)の第1話に、Travis Japan・松田元太がゲスト出演を果たした。もともと、“バーター”として先輩・後輩が出演することはあったが、ジャニーズJr.のゲスト出演が増え始めたのはここ最近。その理由は一体なんなのだろうか。

 考えられる理由の一つは、学園ドラマが減少して若手ジャニーズの出演の場が減ってきたこと。おなじみの『3年B組金八先生』シリーズ(TBS系)をはじめ、『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』(TBS系)、『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(日本テレビ系)、『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)、『ごくせん』シリーズ(日本テレビ系)、『私立バカレア高校』(日本テレビ)……。当時の若手ジャニーズたちが経験を積んできた学園ドラマを挙げればきりがない。だが、そんな学園ドラマも近年少しずつ減ってきており、ちょうど10代から20代の若手ジャニーズが露出する機会もなくなりつつある。そこで、先輩ドラマのゲストというポジションが誕生してきたのだろう。

 そして、この戦略はすでに結果を出しつつある。例えば、HiHi Jets・高橋。以前から演技に力を入れていた高橋だが、『SUITS/スーツ2』のゲスト出演で月9デビューを果たした後、今期単独で『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』に出演。同じくHiHi Jets・井上瑞稀も風間出演の『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(読売テレビ・日本テレビ系)やジャニーズWEST・重岡大毅出演の『知らなくていいコト』(日本テレビ系)にゲスト出演。ゲストではないがKing & Prince・永瀬廉主演の映画『弱虫ペダル』やA.B.C-Z主演の『オレたち応援屋!! We are Oh&Yeah!!』にも出演して経験を積んだ結果、今期『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(MBS/TBS)に単独出演を果たしている。さらには大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)の切符も勝ち取ったのだから驚きだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる