『モンテッソーリ 子どもの家』本上まなみ&向井理のナレーション入り予告編 独自の教育の数々が

『モンテッソーリ 子どもの家』本上まなみ&向井理のナレーション入り予告編 独自の教育の数々が

 2021年2月19日より新宿ピカデリー、イオンシネマほかにて全国公開されるドキュメンタリー映画『モンテッソーリ 子どもの家』の予告編が公開された。

 本作は、アンネ・フランクから英国ロイヤルファミリー、Amazonのジェフ・ベゾスやFacebookのマーク・ザッカーバーグら米大手IT企業の創業者、そして棋士の藤井聡太王位まで、錚々たる著名人が受けたとして知られる“モンテッソーリ教育”の現場を観察したドキュメンタリー映画。

 イタリア出身のマリア・モンテッソーリが20世紀初頭に考案して以来、世界中に普及しているこのメソッドとは、一体どんなものなのか。本作は、ルーベにあるフランス最古のモンテッソーリ学校の幼児クラスに2年3カ月間密着。そこでは2歳半〜6歳の子どもたちがユニークな教具を自らが選んで自由に学んでいた。水差しの中身を測ったり、花の茎をハサミで切ったり、パズルをしたり……これらが学校での彼らの“お仕事”だ。その過程で訪れる魔法のような瞬間を紡ぐ。

ドキュメンタリー映画『モンテッソーリ 子どもの家』予告編

 公開された予告編では、「子どもは私たちに多くのことを教えてくれます」「大人が受け身に回れば子どもは自然と成長します」「教育者はまず観察すること」「自由にやらせてみましょう。自立した行動ができるかどうかで、人生は変わります」というモンテッソーリの著作から引用された言葉を、モンテッソーリの声を担当する本上まなみが読み上げる。また、子どもたちが教室で、お花を生けたり、お水をこぼさないように注いだり、モンテッソーリ教具として知られる“ピンクタワー”を積み上げる様子も捉えられている。

 そして、子育てに疑問を持ち、自らモンテッソーリ教師養成講座を受けた監督の声を向井理が担当。向井自身も父親であることから、「私自身、親になり、常に子供との接し方を考える毎日です」とコメントも寄せた。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『モンテッソーリ 子どもの家』
2021年2月19日(金)新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開
監督・撮影・録音:アレクサンドル・ムロ
日本語吹替:本上まなみ、向井理
配給:スターサンズ、イオンエンターテイメント
2017年/フランス映画/105分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:Le maître est l’enfant/英題:Let the child be the guide/日本語字幕:星加久実/日本語字幕監修:田中昌子、大原青子/G
(c)DANS LE SENS DE LA VIE 2017
公式サイト:montessori-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる