『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』2021年公開へ ムロツヨシが日本語吹替版声優を続投

『ボス・ベイビー』続編、2021年公開へ

 『ボス・ベイビー』の続編『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』が2021年に全国公開されることが決定し、ムロツヨシが日本語吹替版声優を続投することが発表された。

 マーラ・フレイジーの絵本『あかちゃん社長がやってきた』をもとに、ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初めてタッグを組んだ前作『ボス・ベイビー』は、全世界で600億円超の興行収入を記録。日本でも2018年に公開され、興行収入34億円超の大ヒットを記録した。7歳のティムの家族のもとに、見た目は赤ん坊、知能は大人の「ボス・ベイビー」(テッド)が迎え入れられ、その見た目の可愛さと言動のギャップが話題になった。

 続編となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』では、大人になったティムが結婚し、2人の娘にも恵まれて専業主夫に。彼の弟でボス・ベイビーことテッドはスーパービジネスマンでエリート社長になっていた。時が経ち、疎遠になっていった2人は“新たなボス・ベイビー”によって再び引き合わされ、世界を救うためのミッションが下される。

 ムロは、前作同様にテッドことボス・ベイビー役を演じる。続投に際しムロは、「ボス・ベイビーがまたやってくる。ムロの声でやって良いと言ってくれている。やらせていただきたい。ボス・ベイビーになりたいのです」と意気込みを明かしている。

ムロツヨシ コメント

ボス・ベイビーがまたやってくる。
ムロの声でやって良いと言ってくれている。
やらせていただきたい。
ボス・ベイビーになりたいのです。
こんな時代に、ボス・ベイビーになって、皆んなの前で、わちゃわちゃしたいんです。
こんな時代だからこそ、皆んなでわちゃわちゃしたいんです。
しましょう。
ボス・ベイビーになって、映画館で待ってます。
わちゃわちゃしよう。
皆んなで笑っていよう。

■公開情報
『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
2021年全国ロードショー
声の出演(字幕):アレック・ボールドウィン
声の出演(吹替):ムロツヨシ
製作:ジェフ・ハーマン
監督:トム・マクグラス
配給:配給:東宝東和、ギャガ
原題:The Boss Baby: Family Business
(c)2020 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:bossbaby.jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる