草なぎ剛、吉田羊、矢田亜希子が震災から10年の思いを語る 『ペペロンチーノ』ロケ取材会

草なぎ剛、吉田羊、矢田亜希子が震災から10年の思いを語る 『ペペロンチーノ』ロケ取材会

 2021年3月にNHKNHK BSプレミアム・BS4Kにて放送される特別ドラマ『ペペロンチーノ』のロケ取材会が、12月4日に宮城県大郷町大郷町B&G海洋センターアリーナにて行われ、草なぎ剛、吉田羊、矢田亜希子、制作統括の青木一徳が登壇した。 

 本作は、東日本大震災が発生して以降、被災者の声を絶えず届けてきたNHK仙台拠点放送局が製作する人間ドラマ。被災者の10年間の心の葛藤、また復興への歩みが描き出される。

 宮城県牡鹿半島の海を望むイタリアン・レストランparadiso(パラディーゾ)のオーナーシェフ・小野寺潔を演じる草なぎは、「被災された方の傷、気持ちが、自分にとってどういうものなのかと考えると、どういう風に演じたらいいのかというプレッシャーになったりもするので、頑張らないとなと思っています」と現在の心境を語る。

 潔の妻・小野寺灯里を演じる吉田は、「台本を読ませていただいた時に、震災というと悲しい面にフォーカスしているものが多いけれど、このドラマは悲しみや苦しみもそれを乗り越えてきた人々がいて、なお頑張り続けているというポジティブな面を描こうという気持ちを感じました」と本作の魅力を述べた。

コメント全文

草なぎ剛(小野寺潔役)

小野寺潔を演じる草なぎ剛です。毎回緊張はしますが、実際に起きた災害のことなので、今になっても悲しみが癒えていない方はたくさんいる。被災された方の傷、気持ちが、自分にとってどういうものなのかと考えると、どういう風に演じたらいいのかというプレッシャーになったりもするので、頑張らないとなと思っています。震災を風化させてはいけないと思う気持ちもあったり、実際被災された方の気持ちに寄り添えるような役になればいいと思っています。

吉田羊(小野寺灯里役)

今回、震災後初めて、被災地に足を運ばせていただいたのですが、来るまでに10年かかったという申し訳なさもあり、少し緊張しています。実際の仮設住宅の様子ですとか、現地に来なければ分からなかったことはたくさんあって、そうした景色が、今回の物語やキャラクターにリアリティーを持たせてくれるだろうなと感じています。台本を読ませていただいた時に、震災というと悲しい面にフォーカスしているものが多いけれど、このドラマは悲しみや苦しみもそれを乗り越えてきた人々がいて、なお頑張り続けているというポジティブな面を描こうという気持ちを感じました。今回のドラマではそのポジティブな気持ちを描いて、表現できたらいいなという気持ちでいます。

矢田亜希子(阿部より子役)

草なぎさん演じる潔の高校の同級生で、地元の美容室で働いている美容師、震災で家族を亡くし一人で娘を育てている母親という役を演じます。この方はすごく頑張り屋でこの10年とても苦しい思いをしてきただろうし、悲しい思いもしているけれど、人には弱音を見せずに、ずっと娘を育てて、頑張って、突っ走って、強がって生きてきている強い女性です。そこで10年という節目で、このドラマの中でみんなが集まることができて、色々、彼女にとって思うことが、潔さんの「あること」がきっかけで彼女の思いもみんなに伝わるような感じになっていると思います。たやすくできるものではないと思っておりますが、一生懸命演じたいと思いますので、どうか皆さま、見守っていてください。よろしくお願いします。

青木一徳(制作統括)

東日本大震災について、NHK 仙台放送局ではドキュメンタリーを中心に伝えてきました。時間が経つにつれて、前に進んでいる人、家族を失いそのまま止まっている人、前に進んでるけれど悲しみを引きずったままもがいている人など、様々な境遇の人がいるという事実を、ニュースやドキュメンタリーでは届きづらい層にも伝わるような、そして様々な境遇の被災者の人の背中をそっと押せるようなドラマを作りたいと思いました。今回の出演者は、みんなが何か被災地・東北のために何かしたいと思ってくれていました。ドラマの話をした時にみなさん快く受けてくださり、そういう思いのある皆さんと、今、撮影が始まったところです。コロナ禍という大変な時期に少しでも前向きな気持ちになれるようなドラマにもしたいと思います。

■放送情報
『ペペロンチーノ』
2021年3月、NHK BSプレミアム・BS4Kにて放送
出演:草なぎ剛、吉田羊、矢田亜希子ほか
脚本:一色伸幸
演出:丸山拓也
制作統括:青木一徳
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/sendai/peperoncino/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる