草なぎ剛、東日本大震災から10年を描くドラマ『ペペロンチーノ』出演 「とても光栄に思います」

 草なぎ剛が主演を務める特別ドラマ『ペペロンチーノ』が、NHK BSプレミアム・BS4Kにて2021年3月に放送されることが発表された。

 本作は、東日本大震災が発生して以降、被災者の声を絶えず届けてきたNHK仙台拠点放送局が製作する人間ドラマ。被災者の10年間の心の葛藤、また復興への歩みが描き出される。

 宮城県牡鹿半島の海を望むイタリアン・レストランparadiso(パラディーゾ)のオーナーシェフ・小野寺潔。彼は東日本大震災でレストランを津波に流され、自暴自棄の生活に陥るが、その後、何とかレストランの再建を果たす。震災から10年となる2021年3月11日、仲間たちを店に招き、特別な思いを込めた、ある宴を開く。

 草なぎは主人公・小野寺を演じる。『LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと』の一色伸幸が脚本を担当する。

草なぎ剛(小野寺潔役)コメント

宮城発地域ドラマ『ペペロンチーノ』に出演のお話をいただきとても光栄に思います。それと同時に、被災された方の役を初めて演じることになり少し緊張しています。
台本に込められた思いを、小野寺潔の10年間を演じることを通して皆さまにお届けできるよう頑張ります。

■放送情報
『ペペロンチーノ』
2021年3月、NHK BSプレミアム・BS4Kにて放送
出演:草なぎ剛ほか
脚本:一色伸幸
演出:丸山拓也
制作統括:青木一徳
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/sendai/peperoncino/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる