ブルース・ウィリスが宇宙船で謎の生命体と決死のバトル 『アンチ・ライフ』2021年1月15日公開

 ブルース・ウィリス出演作『Anti-Life(原題)』が『アンチ・ライフ』の邦題で2021年1月15日より公開されることが決定し、ポスターと予告編が公開された。

 西暦2242年、地球は謎のウイルスに侵され滅亡の危機を迎えていた。選ばれた5,000万人の富裕層はニューアースへと避難を開始。宇宙船は元軍人と現役兵士により管理され、労働と引き換えになんとか潜り込んだノア(コディ・カースリー)は、クレイ(ブルース・ウィリス)の下で働くことになる。そんな中船内で殺人事件が発生するが、その現場はどうみても人の手によるものではなかった。こうして、クレイ率いる元兵士軍団と正体不明の“何か”の人類存亡をかけた戦いの火蓋が切って落とされる。

 正体不明の“何か”とバトルするクレイを演じるのは、アクションスターのウィリス。クレイの下で働くノア役を、『パワーレンジャー』のコディ・カースリーが演じる。さらに、宇宙船を仕切るアダムス提督役で『ミスト』のトーマス・ジェーンが出演。『パンデミック』のジョン・スーツが監督を務め、ウィリスの次回作『Cosmic Sin(原題)』も手がけたエドワード・ドレイクとコーリー・ラージが脚本を手がけた。

 公開されたポスターでは、銃を構えたウィリスらが渋く決めた様子が捉えられている。

映画『アンチ・ライフ』予告編

 あわせて公開された予告編では、滅びゆく地球からなんとか脱出した宇宙船で楽しく過ごしていたクレイたちだが、そこに謎の生命体が混入し、次々に人々を侵食していくさまが描かれている。

■公開情報
『アンチ・ライフ』
2021年1月15日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
監督:ジョン・スーツ
出演:コディ・カースリー、ブルース・ウィリス、レイチェル・ニコルズ、トーマス・ジェーン
配給:プレシディオ
2020年/カナダ/英語/カラー/92分/原題:Anti-Life/PG-12
(c)2020 Anti-Life LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:www.anti-life.jp
公式Twitter:@presidio00

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる