花江夏樹、ハリネズミ“大福”役で『恋あた』オリジナルストーリー出演 「恋愛上級者のようで楽しかった」

 花江夏樹が、12月1日に配信されるTBS火曜ドラマ『この恋あたためますか』の配信版オリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』の第5話にゲスト出演する。

 『この恋あたためますか』は、『相棒season18』元日スペシャル(テレビ朝日系)の神森万里江と、映画『伊藤くん A to E』の青塚美穂によるオリジナル脚本で描くラブストーリー。“一番売れる”スイーツ開発をしながら生まれる、夢破れたコンビニアルバイト・井上樹木(森七菜)とコンビニチェーン社長・浅羽(中村倫也)の甘い恋を描く。

 Paraviオリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』の舞台は、樹木が勤めるコンビニ「ココエブリィ」。そこで働く仲間たちと常連客の間で繰り広げられる恋物語を描く。

 アニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎をはじめ、数々の人気アニメの主演を務める声優・花江。本作では、スー(古川琴音)の恋を応援するペットのハリネズミの大福の声を演じる。大福は、『この恋あたためますか』と『その恋もう少しあたためますか』に毎回登場しているが、声を聞けるのは今回が初となる。

 『この恋あたためますか』放送終了後から独占配信される『その恋もう少しあたためますか』の第5話では、店長の上杉(飯塚悟志)を好きだと思っていたスーが、自分の陸斗(一ノ瀬颯)への気持ちに気づき始める。飼い主・スーの恋を応援するため、花江演じる大福がこっそり部屋を抜け出し、コンビニ「ココエブリィ」へ。大福は、可愛い見た目だが、声や口調は男前という設定。収録当日、制作陣からの「かっこよく、男前に」というオーダーに花江は見事に応え、男前な大福を演じきった。

 また、12月8日には、大福目線のショートコンテンツとして本作の番外編「あの時、大福の本音!の巻」が急遽配信されることが決定した。

花江夏樹 コメント

大福を演じて

ハリネズミ役は、おそらく初めてでした。“大福”は見た目が可愛いですが、喋り方や声のトーンはかっこよく、男前なところを出してくださいということだったので、ギャップを意識して演じさせていただいたんですけれども、すごく楽しかったですね。(登場人物たちの)恋を全部わかっていて、恋愛上級者のようで楽しかったです。

主人公・スーの恋について

ちょっともどかしく感じましたが、スーと陸斗がお互いに探りを入れている感じが、「そういう時間も楽しいのかな」と思いました。

見どころ

大福が家を飛び出してコンビニへ行ったりするのですが、大福のおかげで恋が進展する部分もあるので、そういう活躍を「実はこういうことをやっているんだ!」と見て楽しんでいただけたらいいなと思います。

■配信情報
Paraviオリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』
Paraviにて、『この恋あたためますか』放送終了後に配信予定
出演:古川琴音、一ノ瀬颯、佐野ひなこ、飯塚悟志(東京03)
第5話ゲスト出演:花江夏樹
脚本:土田英生
演出:小牧桜、大内舞子、嶋田広野
プロデューサー:黎景怡、中井芳彦
製作著作:TBS
(c)TBS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる