奈緒が語る、『姉ちゃんの恋人』桃子&みゆきと重ねた親友への想い 「自分に戻れる存在」

奈緒が明かす親友への想い

高橋海人=「キュン爆弾」

――和輝とみゆきのドキドキするシーンを、“キュン爆弾”と呼んでいるそうですね。

奈緒:そもそも高橋さん自身が「キュン爆弾」という存在なんじゃないかと思っているんですけど(笑)、口元のクリームを拭ってもらうというのは爆弾だなと思いましたし、さりげなく荷物を持ってくれたり、そういう些細なところにもキュンとしますね。

ーー和輝を演じている高橋さんの印象はどうですか?

奈緒:高橋さんはみんなの弟のような愛されキャラで、すごく現場の空気を和やかにしてくださっています。役に入ったときに、急にすごくキリっと男らしい顔が見えたりするのは、みゆきがこういうところを見て恋をして、2人の恋愛が始まっていったんだろうなとすごく感じますね。

――物語の中でいろんな人が恋をしていて、様々な形があっていいなと思うんですが、奈緒さんが特に「恋っていいな」って思った部分はありますか?

奈緒:私は桃子が恋をしたときの素直さがとても好きなんです。まっすぐに「好きだ」って伝えられたり、料理をしているときに鼻歌が出ちゃうとか。とても些細なことですけど、恋以外で、そんな人生と生活を底上げしてくれる存在は、なかなかいない気がします。桃子の一挙一動を見ていると、やっぱり恋っていいなぁって思いますね。

台本から投げかけられている言葉が、“エール”に聞こえる

ーー朝ドラ『ひよっこ』(NHK総合)や日曜劇場『この世界の片隅に』(TBS系)などを手がけている岡田惠和さんのオリジナルで描かれている台本を読んで、物語の面白さをどう感じていますか?

奈緒:物語の中で、ライバルが出てきたりとか、人が障害になることって多いと思うんですけど、悪い人が本当に出てこないなと思いました。立ち向かわないといけないところに人がいなくて、過去や、それぞれが抱えている苦しみ、生活環境が妨げになっているので、それをみんなで乗り越えていこうとしているのは、すごく今の時代にも通じるところがあると思います。台本から投げかけられている言葉が、自分に投げかけられているような“エール”に聞こえるときがあって。そこがすごく夢のような世界だなと思いながら、優しい気持ちにさせてもらえる、多幸感のあるドラマだなと感じました。

――岡田さんが作ったみゆきというキャラクターは、演じていて自分と似ているなと思うところはありますか?

奈緒:みゆきが恋愛に対して、前向きになれない気持ちというのは、すごく理解できるんです。急に和輝のような人が現れたときの戸惑い、素直にそれを受け取れない気持ちはとてもわかります。友達に対する気持ちや、大切にしているものの感覚がすごく近い人だなとも思っていて。岡田さんのラジオに出させていただいたとき、そこが初対面だったんですけど、「私のこと、前から岡田さん知ってましたか?」って聞いてしまったくらい(笑)、近いなって感じる部分はありますね。

――この作品は、2020年の東京郊外を舞台にしていますが、ご自身が今年1年間、コロナ禍を通して、役者について考えたことはありますか?

奈緒:自粛中は映画やドラマとかを観返していて、お仕事から少し離れて、とても純粋に物語を楽しむ時間を過ごしていました。そのときに、「あぁ、やっぱり、エンタメってすごく必要な仕事なんだな」ととても感じて。映画館に入れなかったり、ドラマの撮影が止まったり……不安になる要素はあったんですけど、それでも、なんだかすごく不思議と前向きな気持ちになれたんです。「ここをバネにしてできるようになったら思いっきりやるぞ!」「みんなで思いっきりいいものを作りたい」っていう気持ちがすごく芽生えました。

20201208_nao4
20201208_nao5
20201208_nao1
20201208_nao6
previous arrow
next arrow
20201208_nao4
20201208_nao5
20201208_nao1
20201208_nao6
previous arrow
next arrow

――昨年は『あなたの番です』(日本テレビ系)の反響や、初の舞台出演など、「去年は初めてのことがたくさんあって、刺激的な1年だった」と話していましたが、今年はどんな年でしたか?

奈緒:今年は「伝える年にしたい」と思っていたんですが、コロナがあって伝える機会がすごく減ったような気がして、正直、「やっぱり思っていたような1年にならないのかな」って思っていたんです。けど、自粛期間が明けたときに、1日1日のスピードが、高校生のときみたいにすごく長く感じていて。学校生活って初めてのことが多かったり、1日1日をすごく濃く感じていたから覚えていることも多くて、毎日覚えなきゃいけないことも多いし、それで充実して長く感じていたのかなと。コロナ禍の今もそうなんですけど、すごく1つ1つのことを考えるようになりました。あと、伝えられるうちに伝えておこうという気持ちが強くなったので、友達も応援してくださっている人も、お仕事をご一緒する人にも、思ったことがあったら、ひと言でも話せるんだったら伝えようというのは、すごく意識的にできた1年でした。『姉ちゃんの恋人』はどのシーンを観ても優しい気持ちになれるので、これから先、何年か経っても、ちょっときついことがあって凹むなと思うときに観返して、心の中であったかく自分を支えてくれるドラマになったんじゃないかなと思います。

※高橋海人の「高」はハシゴダカが正式表記。

奈緒が語る、2020年とコロナ禍を通して考えたこと 『姉ちゃんの恋人』インタビュー

■放送情報
『姉ちゃんの恋人』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00〜放送
出演:有村架純、林遣都、奈緒、高橋海人(King & Prince)、やついいちろう、日向亘、阿南敦子、那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.)、スミマサノリ、井阪郁巳、南出凌嘉、西川瑞、和久井映見、光石研、紺野まひる、小池栄子、藤木直人ほか
脚本:岡田惠和
音楽:眞鍋昭大
主題歌:Mr.Children「Brand new planet」(TOY’S FACTORY)
演出:三宅喜重(カンテレ)、本橋圭太、宝来忠昭
プロデュース:岡光寛子(カンテレ)、白石裕菜(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)
制作協力:ホリプロ
制作著作:カンテレ
(c)カンテレ
公式サイト:https://www.ktv.jp/anekoi/
公式Twitter:https://twitter.com/anekoi_tue21

▼奈緒 チェキプレゼント▼

奈緒のチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

【応募方法】
リアルサウンド映画部の公式Twitterフォロー&該当ツイートをRTまたは公式Instagramをフォローいただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンド映画部の公式TwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。
※営利目的の転売は固くお断りいたします。発見した場合は然るべき対応をとらせていただきます。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<リアルサウンド 公式Instagram>
https://www.instagram.com/realsoundjp/

<応募締切>
12月22日(火)



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる