『魔女がいっぱい』R・ゼメキス監督が明かす作品選びのルール 「“圧倒的な映像”になる作品か」

『魔女がいっぱい』R・ゼメキス監督が明かす作品選びのルール 「“圧倒的な映像”になる作品か」

 12月4日公開の映画『魔女がいっぱい』。このたび、監督を務めるロバート・ゼメキスが自身の作品選びのルールを明かした。

  本作は、『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールのもうひとつの人気作を、アン・ハサウェイ主演で実写映画化したもの。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のゼメキス監督がメガホンを取り、『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞監督賞を受賞したギレルモ・デル・トロ、『ゼロ・グラビティ』『ROMA/ローマ』でアカデミー賞監督賞を受賞したアルフォンソ・キュアロンらが製作に参加した。

 60年代のとある豪華ホテルに現れたおしゃれな美女の集団。中心にいる、最も美しく世界一恐ろしい大魔女“グランド・ウィッチ”(アン・ハサウェイ)は、そこであるとてつもない秘密の計画があることを明かす。偶然ある少年は魔女集会に紛れ、その企みを知ってしまう。大魔女が少年をネズミに変えたことで、物語は世界中の魔女を巻き込んで思いもよらぬ方向に進む。

 ゼメキス監督は過去に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ』など、誰も思いつかないような世界観を描いてきた。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでは、主人公のマーティ・マクフライが歳の離れた親友ドクの発明品“タイムマシン”に乗ってタイムトラベルし、未来や過去を変えようと奮闘する姿が描かれる。他にも『ザ・ウォーク』では、ストリート・パフォーマーの主人公フィリップが危険を承知で世界最高層となるツインタワーの屋上の間にワイヤーを架けて歩く姿が描かれる。

 本作でも得意のCG技術を駆使し、ハサウェイ演じる大魔女<グランド・ウィッチ>が宙を舞って歩行することや、想像を超えるビジュアルの変化など魔女が潜んでいる世界をリアルに描き、驚きの映像表現が溢れた作品となっている。ゼメキス監督は「僕は観る人を惹きつけるような圧倒させる映像表現をしていきたい。映画製作でしかできないやり方で物語が伝わってほしいんだ。特に、我々は生きている限り希望を持っているものだから観る人が希望を持ってくれると嬉しいよ」と作品作りについて明かしている。

■公開情報
『魔女がいっぱい』
12月4日(金) 全国公開
監督:ロバート・ゼメキス
製作:ギレルモ・デル・トロ、アルフォンソ・キュアロン
出演:アン・ハサウェイ、オクタビア・スペンサー、スタンリー・トゥッチ
原作:ロアルド・ダール著『魔女がいっぱい』(評論社)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる