金子大地、『鎌倉殿の13人』源頼家役で大河ドラマ初出演 「三谷さんの作品に参加できる幸せでいっぱい」

金子大地、『鎌倉殿の13人』源頼家役で大河ドラマ初出演 「三谷さんの作品に参加できる幸せでいっぱい」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、源頼家役を金子大地が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 源頼家は、源頼朝を父に持つ鎌倉幕府第2代将軍。史実では、頼家の独裁に反発を抱いた御家人たちにより、13人の合議制がしかれるようになる。

 本作が大河ドラマ初出演となる金子は、「大河ドラマはずっと目標にしていたので、誠心誠意、一生懸命撮影に挑みたいと思います」と気合十分の様子。また、主演を務める小栗旬は憧れの俳優だったようで、「僕は小栗旬さんを見て育ったと言っても過言ではないぐらいずっと見てきた方なので今回一緒にお芝居できることが光栄です」とコメントを寄せた。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

源頼朝という圧倒的な父を越えようと奮闘する第二代将軍源頼家を演じさせていただきます。
鎌倉幕府を背負う重圧は並々ならぬものだと思いますが、
頼家の激しい生涯を、彼がどんな思いで生きたのか楽しみにしていただきたいです!
この役を演じさせていただけることをとても光栄に感じると共に大きな責任を感じています。

大河ドラマ出演について

今回が僕にとって初の大河ドラマとなります。
大河ドラマはずっと目標にしていたので、誠心誠意、一生懸命撮影に挑みたいと思います。

三谷幸喜作品への出演について

三谷さんの作品は本当に大好きでファンでした。
初の大河ドラマで緊張していますが、源頼家という大役にしっかりお芝居で答えたいです。
今は三谷さんの作品に参加できる幸せでいっぱいです。

共演者について

小栗旬さんは男としても俳優としても
憧れている俳優の1人です。
僕は小栗旬さんを見て育ったと言っても過言ではないぐらいずっと見てきた方なので今回一緒にお芝居できることが光栄です。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる