山本耕史、三浦義村役で『鎌倉殿の13人』出演 「歴史の事実より、三谷さんの脚本が全て」

山本耕史、三浦義村役で『鎌倉殿の13人』出演 「歴史の事実より、三谷さんの脚本が全て」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、三浦義村役を山本耕史が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 三浦義村は、相模国の武将。鎌倉幕府設立後に起きた梶原景時の変、畠山重忠の乱で活躍。晩年は鎌倉幕府内で北条氏に次ぐ地位を得る。

 『新選組!』『真田丸』に続いての大河ドラマでの三谷とのタッグについて山本は、「歴史の事実より、三谷さんの脚本が全てだと思い、演じてきました。そうする事で必ず視聴者の皆さんが楽しんでくださる確信があります」と絶大な信頼を寄せていることを明かす。演じる三浦義村については、「三浦義村と言う人物には全く印象はなく、逆にどんな三浦義村を作り上げて行くのが良いか、三谷さんの脚本が来るのを楽しみにしています」とコメントを寄せた。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

三浦義村と言う人物には全く印象はなく、逆にどんな三浦義村を作り上げて行くのが良いか、三谷さんの脚本が来るのを楽しみにしています。
いつもそうですが、出来るだけ真っ白な状態で台本を読み、その時内側で感じた事を大切にしたいと思っています。

大河ドラマ出演について

歴史上の人物で、写真が残っている土方歳三を『新選組!』で演じた時に、最初は、それほどでもなかったのですが、次第に自分でも土方さんに似て行く感じは、不思議な体験でした。
三浦義村は当然写真などないので、どんな雰囲気にキャラクターを造形していくのか、楽しみではあります。

三谷幸喜作品への出演について

歴史の事実より、三谷さんの脚本が全てだと思い、演じてきました。そうする事で必ず視聴者の皆さんが楽しんでくださる確信があります。

共演者について

また一からチームが組成される中で、自分の役割を果たします。良いエピソードを今後話せるように、フラットな自分でスタートラインに立ちたいと思います。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる