野添義弘、『鎌倉殿の13人』“13人”の1人・安達盛長役に 「とてもありがたく、幸せに思います」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、安達盛長役を野添義弘が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 安達盛長は、源頼朝の流人時代から仕えてきた最古参の御家人。頼朝が死去したのち、13人の合議制の1人に加えられる。

 野添は大河ドラマには『新選組!』『西郷どん』『いだてん〜東京オリムピック噺〜』『麒麟がくる』と4作品に出演。それでも“レギュラー”としての出演は今回が初ということで、「レギュラー出演は役者としての憧れでしたので、今回出演させていただけることになり、とてもありがたく、幸せに思います」とコメント。演じる安達盛長については、「頼朝のために奔走し人生を捧げ、頼朝が最も信頼し本音を語れる人物」とその印象を語った。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

安達盛長は頼朝の流人時代から仕えてきた最古参の御家人なのですが、13人の中でも郎党という異色の存在。頼朝のために奔走し人生を捧げ、頼朝が最も信頼し本音を語れる人物という印象です。三谷さんの作品はどの作品も斬新かつ繊細でそれぞれに違った面白さがあり、出演している俳優さんを羨ましく思い、指をくわえて見ていました。今回、三谷さんが描かれる作品なので、老練で寡黙ながらも面白味のある、安達盛長を演じることができればと思います。

大河ドラマ出演について

『新選組!』『西郷どん』『いだてん〜東京オリムピック噺〜』『麒麟がくる』に出演させて頂きました。
しかしながら、大河ドラマでのレギュラー出演は役者としての憧れでしたので、今回出演させていただけることになり、とてもありがたく、幸せに思います。

三谷幸喜作品への出演について

出演歴としては、大河ドラマ『新選組!』に出させていただきました。
三谷幸喜さんの舞台は、『なにわバタフライ』『不信~彼女が嘘をつく理由』『吉良ですが、何か?』を拝見させていただきましたが、どの作品も斬新かつ繊細で、それぞれに違った面白さがあり、出演している俳優さんを羨ましく思い、指をくわえて見ていました。

共演者について

とにかく素晴らしい方々ばかりなので、緊張感がとんでもないです。
が、しかし、良い刺激をいただきながら頑張りたいと思います。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる