小泉孝太郎、『鎌倉殿の13人』で平清盛の息子・平宗盛役に 三谷幸喜作品は初出演

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、 平宗盛役を小泉孝太郎が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

  平宗盛は、平清盛(松平健)の3男。『平家物語』などでは、宗盛は優れた人物である兄の重盛との対比として、愚鈍な人物として描かれることが多い。

 小泉は、本作と同時代を描いた大河ドラマ『義経』にも出演。『義経』で平宗盛を演じた鶴見辰吾を見て、「偉大な清盛の後継者である、宗盛。二代目の苦悩、そして父親として家族への純粋な愛情を持っている宗盛の姿が印象的でした」と振り返る。今回は三谷脚本ということで、「宗盛は弱々しいイメージがある人物として描かれることが多いですが、三谷さんにどのように描かれるのかとても楽しみにしております」とコメントを寄せた。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

僕が初めて大河ドラマにオファーを頂いた作品が『義経』でした。その時、平宗盛は鶴見辰吾さんが演じられていました。偉大な清盛の後継者である、宗盛。二代目の苦悩、そして父親として家族への純粋な愛情を持っている宗盛の姿が印象的でした。宗盛は弱々しいイメージがある人物として描かれることが多いですが、今回の『鎌倉殿の13人』では、三谷さんにどのように描かれるのかとても楽しみにしております。

大河ドラマ出演について

前回の大河ドラマの出演が、『八重の桜』で徳川慶喜公を演じさせて頂き、毀誉褒貶の言われがある人物でしたし、時代が移り変わる激動の時代の、最後の将軍でしたので、徳川家15代目の将軍としての重圧など、とても孤独な思いで撮影に臨んでいたように思います。

三谷幸喜作品への出演について

三谷さん作品は今回が初めてなのでとても楽しみです。

共演者について

主演の小栗君とは、天地人以来の共演ですし、清盛を演じられる松平健さんとは、『義経』のときにお会いしておりますが、お芝居では今回初めてなので、父と子の関係性でご一緒出来ることをとても嬉しく思います。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる