ルカ・マリネッリ出演作やアリーチェ・ロルヴァケルのデビュー作が「イタリア映画祭2020」で配信

ルカ・マリネッリ出演作やアリーチェ・ロルヴァケルのデビュー作が「イタリア映画祭2020」で配信

 11月13日と14日にイタリア文化会館アニェッリホールにてリアル上映が行われたのち、11月20日から12月20日までオンライン上で開催される「イタリア映画祭2020」の配信作品全29タイトルが発表された。

 「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年の春に始まり、毎年1万人を超える観客が訪れる恒例イベントとなったイタリア映画祭は今年で20回目の節目を迎える。一時は完全中止が危ぶまれたが継続方法を模索、オンラインと現地のハイブリット開催が決定した。当初予定していたプログラムは改められ、『幸運の女神』 『オール・マイ・クレイジー・ラブ』 『きっと大丈夫』の3作がリアル上映される。

 リアル上映後の11月20日から12月20日までの1カ月期間限定のオンライン上映には、「新作」「4人の名優たち」「コメディー」「監督デビュー作」「短編」というテーマにくくられた全29タイトルがラインナップ。

 「新作」テーマには、現地上映も決定している『幸運の女神』『オール・マイ・クレイジー・ラブ』『きっと大丈夫』の3本。「4人の名優たち」テーマでは、『マーティン・エデン』『オールド・ガード』のルカ・マリネッリをはじめ、マルゲリータ・ブイ、ヴァレリオ・マスタンドレア、アルバ・ロルヴァケルの4人の俳優にフォーカスする。「コメディー」テーマでは、過去イタリア映画祭でも好評を博したイタリアのコメディー作品を鑑賞できる。「監督デビュー作」テーマでは、アリーチェ・ロルヴァケルの監督デビュー作『天空のからだ』や、マーティン・スコセッシが才能を認めたジョナス・カルピニャーノの初監督作『地中海』もラインナップ。「短編」テーマでは、マルコ・ベロッキオの2作品『シチリアーノ 裏切りの美学』『夜よ、こんにちは』や女優としても活躍するジャズミン・トリンカ初監督作品が無料で上映される。

Arrow
Arrow
『私のママでいる』
ArrowArrow
Slider

作品ラインナップ

新作

『幸運の女神』(2019年)
監督:フェルザン・オズペテク
出演:ステファノ・アッコルシ、エドアルド・レオ、ジャズミン・トリンカ

『オール・マイ・クレイジー・ラブ』(2019年)
監督:ガブリエーレ・サルヴァトーレス
出演:クラウディオ・サンタマリア、ヴァレリア・ゴリーノ、ディエゴ・アバタントゥオーノ

『きっと大丈夫』(2020年)
監督:フランチェスコ・ブルーニ
出演:キム・ロッシ・スチュアート、ロレンツァ・インドヴィーナ、バルバラ・ロンキ

4人の名優たち

<マルゲリータ・ブイ>
『無邪気な妖精たち』(2001年)
監督:フェルザン・オズペテク
出演:マルゲリータ・ブイ、ステファノ・アッコルシ

『まっさらな光のもとで』(2009年)
監督:フランチェスカ・コメンチーニ
出演:マルゲリータ・ブイ、ガエターノ・ブルーノ、アントニア・トルッポ

『私と彼女』(2015年)
監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ
出演:マルゲリータ・ブイ、サブリーナ・フェリッリ

<ルカ・マリネッリ>
『来る日も来る日も』(2012年)
監督:パオロ・ヴィルズィ
出演:ルカ・マリネッリ、トニー

『イタリアの父』(2017年)
監督:ファビオ・モッロ
出演:ルカ・マリネッリ、イザベッラ・ラゴネーゼ

<ヴァレリオ・マスタンドレア>
『考えてもムダさ』(2007年)
監督:ジャンニ・ザナージ
出演:ヴァレリオ・マスタンドレア、アニタ・カプリオーリ、ジュゼッペ・バッティストン

『家の主たち』(2012年)
監督:エドアルド・ガッブリエッリーニ
出演:ヴァレリオ・マスタンドレア、エリオ・ジェルマーノ、ジャンニ・モランディ、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ

『幸せの椅子』(2013年)
監督:カルロ・マッツァクラーティ
出演:イザベッラ・ラゴネーゼ、ヴァレリオ・マスタンドレア、ジュゼッペ・バッティストン

『幸せな感じ』(2018年)
監督:ヴァレリア・ゴリーノ
出演:リッカルド・スカマルチョ、ヴァレリオ・マスタンドレア

<アルバ・ロルヴァケル>
『司令官とコウノトリ』(2012年)
監督:シルヴィオ・ソルディーニ
出演:アルバ・ロルヴァケル、ヴァレリオ・マスタンドレア、ジュゼッペ・バッティストン

『処女の誓い』(2015年)
監督:ラウラ・ビスプリ
出演:アルバ・ロルヴァケル、フロンヤ・コデリ、ラース・アイディンガー

『ルチアの恩寵』(2018年)
監督:ジャンニ・ザナージ
出演:アルバ・ロルヴァケル、エリオ・ジェルマーノ、ジュゼッペ・バッティストン

コメディー

『ラ・パッショーネ』(2010年)
監督:カルロ・マッツァクラーティ
出演:シルヴィオ・オルランド、ジュゼッペ・バッティストン、カシャ・スムトニャク

『バッグにはクリプトナイト』(2011年)
監督:イヴァン・コトロネオ
出演:ヴァレリア・ゴリーノ、クリスティアーナ・カポトンディ、ルカ・ジンガレッティ、リベロ・デ・リエンツォ

『それは息子だった』(2012年)
監督:ダニエーレ・チプリ
出演:トニ・セルヴィッロ、ジゼルダ・ヴォローディ

『君が望むものはすべて』(2017年)
監督:フランチェスコ・ブルーニ
出演:アンドレア・カルペンツァーノ、ジュリアーノ・モンタルド、ドナテッラ・フィノッキャーロ

『環状線の猫のように』(2017年)
監督:リッカルド・ミラーニ
出演:パオラ・コルテッレージ、アントニオ・アルバネーゼ、ソニア・ベルガマスコ

『私が神』(2018年)
監督:アレッサンドロ・アロナディーオ
出演:エドアルド・レオ、マルゲリータ・ブイ、ジュゼッペ・バッティストン

『アルマジロの予言』(2018年)
監督:エマヌエーレ・スカリンジ
出演:シモーネ・リベラーティ、ピエトロ・カステッリット、ヴァレリオ・アプレア、ラウラ・モランテ

『月を買った男』(2018年)
監督:パオロ・ズッカ
出演:ヤコポ・クッリン、ベニート・ウルグ、ステファノ・フレージ

監督デビュー作

『天空のからだ』(2011年)
監督:アリーチェ・ロルヴァケル
出演:イーレ・ヴィアネッロ、サルヴァトーレ・カンタルーポ

『ミエーレ』(2013年)
監督:ヴァレリア・ゴリーノ
出演:ジャズミン・トリンカ、カルロ・チェッキ、リベロ・デ・リエンツォ

『地中海』(2015年)
監督:ジョナス・カルピニャーノ
出演:クドゥ・セイオン、アラサン・シィ

短編

『私のママでいる』(2020年)
監督:ジャズミン・トリンカ
出演:アルバ・ロルヴァケル

『道化師』(2016年)
監督:マルコ・ベロッキオ
出演:ルチア・ラーニ、ルカ・ミケレッティ、フェデリカ・フラカッシ

『戦闘』(2018年)
監督:マルコ・ベロッキオ
出演:ファブリッツィオ・ファルコ、バルバラ・ロンキ

■開催情報
「イタリア映画祭2020」
11月13日(金)〜12月20日(日)まで開催

<リアル上映>
11月13日(金)、11月14日(土)イタリア文化会館アニェッリホールにて開催
料金:無料
イタリア映画祭公式サイトから申込で抽選により当選(申込は11月4日まで)

<オンライン上映>
11月20日(金)〜12月20日(日)まで開催
※料金形態は、新作:1200円/旧作:500円/短編:無料/ストリーミング期間72時間
主催:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
後援:イタリア大使館
協賛:フェラガモ・ジャパン株式会社
公式サイト:https://www.asahi.com/italia/2020/
公式Twitter:@italianfilmfes

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる