風間俊介「この顔ぶれは圧巻です!」 『麒麟がくる』ついに信長、秀吉、家康が勢揃い

 毎週日曜日に放送されている大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)。このたび、風間俊介よりコメントが寄せられた。

 本作は、大河ドラマ第29作『太平記』の池端俊策が脚本を手掛けた戦国時代劇。織田信長の家臣として知られ、日本史の一大事件のひとつ「本能寺の変」を起こした智将・明智光秀(長谷川博己)を主役とし、その謎めいた半生に光を当てていく。

 風間が演じるのは、後に江戸幕府を築く徳川家康。11月8日の第31回では、「金ケ崎の退き口」が描かれ、織田信長(染谷将太)、木下藤吉郎/豊臣秀吉(佐々木蔵之介)、徳川家康の、いわゆる三英傑が初めて勢揃いする。

風間俊介(徳川家康役)コメント

いよいよ徳川家康として物語に登場します。とはいえ、まだまだ若造ですが……。しかも今回は、信長様を筆頭に、光秀、藤吉郎、松永久秀、柴田勝家という名だたる武将が勢ぞろいします。この顔ぶれは圧巻です!
物語の序盤では何者でもない元康が、これから徐々に頭角を現していきます。
とはいえ、皆さんが思い描く天下人とはほど遠く、まだまだ家康としては完成していません。名だたる武将の中で、誰が天下を取っていくのかは視聴者のみなさんはすでにご存じですが、登場人物たちはもちろん誰もそのことを知りません。
家康についても「まだまだこれから」という風に見えたら良いなと思います。

■放送情報
大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合にて、毎週日曜20:00〜放送
BSプレミアムにて、毎週日曜18:00〜放送
BS4Kにて、毎週日曜9:00〜放送
主演:長谷川博己
作:池端俊策
語り:市川海老蔵
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/
公式Twitter:@nhk_kirin

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる