吉高由里子のミステリアスな魅力 『危険なビーナス』が持つホームドラマの顔

吉高由里子のミステリアスな魅力 『危険なビーナス』が持つホームドラマの顔

 楓(吉高由里子)を突き落とした犯人はわかったが、今度は百合華(堀田真由)の母である支倉祥子(安蘭けい)が置き手紙を残して失踪してしまう。明人(染谷将太)の捜索という当初の目的をよそに、伯朗(妻夫木聡)は百合華に頼まれて祥子の行方を探す。

 『危険なビーナス』(TBS系)第4話では、矢神家で一大勢力を占める支倉ファミリーにスポットライトが当たった。先代の当主である矢神康之介(栗田芳宏)には実子が5人おり、次女で後妻の子にあたるのが祥子。祥子は、康之介から介護施設「矢神園」を相続し、夫の支倉隆司(田口浩正)が園の経営を取り仕切っていた。

 「失踪」や「転落」と並ぶ今作の名物が「家探し」だ。両親のいない間に百合華は伯朗を実家に招き入れ、祥子失踪の手がかりを探す。「楓さんが母を誘拐しているかもしれない」という理由で百合華に口止めされた伯朗だったが、偶然にも支倉家に忍び込んだ楓と鉢合わせする。人畜無害な伯朗に周囲が無警戒な反面、楓が矢神家の誰からも疑われているのは相変わらずだ。

 楓が疑われているのは、明人の嫁という言い分を親族が認めていないということもあるが、その言動から何かを隠しているような雰囲気を感じるためだろう。忍び込んだ先の支倉家で見つかりそうになるなど、計画性がなく行き当たりばったりな一面があるかと思えば、第3話で嗅いだシャンプーの香りから隆司と杏梨(福田麻貴)の関係に気付き、それを交渉道具にして祥子の行方を聞き出そうとするなど、相当のキレ者という印象も受ける。

 分裂気味な楓というキャラクターをまとめ上げているのは、あの満面のスマイル。楓の人懐っこさと愛嬌を前に、伯朗はなすすべなく陥落してしまう。ただし勘ぐるなら、これも、巧みに相手の懐に入る楓の技量と言えなくもない。こう考えると、楓のミステリアスな魅力は、何を考えているかつかめない曖昧さに由来していることがわかる。

 実際のところ、楓は明人の嫁であると主張しているが、そのことを裏付ける確かな証拠はなく、信じてくれる伯朗がいなければ、楓という存在ははなはだ心もとないものになってしまう。そうした状況で伯朗に「最強タッグ」を受け入れさせ、完全アウェイであるはずの矢神家にも強引に割り込んでいく楓は、ある種のデタラメな存在感を放っている。まっとうに演じたら破綻しかねないキャラクターを、形にして差し出す吉高由里子、あらためてすごい女優だと思う。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる