第42回アヌシー映画祭グランプリ受賞作『FUNAN フナン』12月25日公開へ ポスター&予告編も

 第42回アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得した映画『FUNAN フナン』が12月25日に公開されることが決定し、ポスターと予告編が公開された。

 本作は、ポル・ポト率いるクメール・ルージュに支配された1975年以降のカンボジアを舞台に、息子と離れ離れになってしまった母親チョウの激動の日々を描いたアニメーション映画。監督・脚本を務めたのは、Netflixとの提携も発表された名門アニメーションスクール、ゴブラン・レコール・デュ・リマージュ出身のドゥニ・ドー。フランス生まれでカンボジアにルーツを持ち、自身の母親の体験を基に、クメール・ルージュの支配とカンボジアの人々の抵抗を描いた。エミール賞では脚本賞とサウンドデザイン賞を受賞。『怪盗グルーの月泥棒 3D』で主要アニメーターを務めたミッシェル・クルーザがアートディレクターを担当した。

 声の出演には、主人公のチョウ役で『アーティスト』のべレニス・ベジョ、チョウを支える夫のクン役で『グッバイ・ゴダール!』のルイ・ガレルが名を連ねた。エンディング曲は、イギリスのシンガー・ソングライター、レベッカ・ファーガソンの「Running」。自身も母親であるファーガソンが本作のためにオリジナルソングを作り上げた。

 公開されたポスタービジュアルでは、こちらを見つめるチョウの目と、カンボジアの風景、そして進みゆく2人の男女の姿が。これらを繋ぐ形で「絶対に諦めない、再び息子と会うその日までは―」とコピーが配置されている。

映画『FUNAN フナン』予告編

 予告編では、風光明媚なカンボジアでの平凡な一家の暮らしが、クメール・ルージュによるプノンペン占領の一報とともに大きく揺れ動き、様変わりしてゆくさまが描かれている。革命組織(オンカー)の誘導によって農村へ送られる途中、息子ソヴァンと離れ離れになってしまった母親のチョウ。息子と会えぬまま時は流れ、絶望と苛立ちに襲われ、慎重な夫クンにも心ない言葉をぶつけてしまう。爆音に耳をふさぐソヴァン、身をひそめるクンと、彼からチョウに向けた「希望を捨てるな」という言葉が切り取られている。

Arrow
Arrow
『FUNAN フナン』
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『FUNAN フナン』
12月25日(金)YEBISU GARDEN CINEMA、シネ・リーブル池袋ほかにてロードショー
監督:ドゥニ・ドー
アートディレクター:ミシェル・クルーザ
声の出演:べレニス・ベジョ、ルイ・ガレル
配給:ファインフィルムズ
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ 東京、ベルギー大使館、ルクセンブルク大公国大使館
2018/フランス、ベルギー、ルクセンブルク、カンボジア/カラー/フランス語/87分/原題:Funan/映倫:G
Les Films d’Ici – Bac Cinema – Lunanime – ithinkasia – WebSpider Productions – Epuar – Gaoshan – Amopix – Cinefeel 4 – Special Touch Studios (c) 2018

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる