大竹しのぶ、『監察医 朝顔』で月9初出演 「まさか自分が出演するとは思っていなかった」

大竹しのぶ、『監察医 朝顔』で月9初出演 「まさか自分が出演するとは思っていなかった」

 大竹しのぶが、11月2日より放送がスタートするフジテレビ月9ドラマ『監察医 朝顔』に出演することが決定した。

 『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載されていた法医学者と刑事という異色の父娘を描いた同名医療漫画をドラマ化し、2019年夏クールに放送された『監察医 朝顔』。主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくさまを描いた。

 続編では、2019年夏クール放送の第1シーズンと同様に各話で、主人公で法医学者の万木朝顔と、父でベテラン刑事の万木平たちが、さまざまな事件と遺体に相対していく。そして、前作よりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合っていく姿が描かれる。法医学教室メンバー、野毛山署の強行犯係メンバーを演じるキャストたちも続投する。

 大竹が演じるのは、第5話から登場する奥寺美幸という女性。美幸は、朝顔の母・里子(石田ひかり)が生まれ育った東北の海沿いの街で、大衆食堂を営んでいる。美幸が作る料理は、いずれも素朴で優しく、地元の人から“おふくろの味”として大いに愛されており、朝顔の祖父で里子の父である嶋田浩之(柄本明)も常連の1人。料理の味だけでなく、店を1人で切り盛りしながら、どんなときでも笑顔を絶やさず、誰に対しても母のように温かく接する美幸の人柄に惹かれ、美幸から元気をもらおうと大勢の客が足しげく通う。これまで朝顔も平も美幸とはまったく接点がなかったが、ひょんなことから美幸の存在を知ることとなり、やがて3人は大きく関わっていくことに。

 大竹にとって、本作が初の月9ドラマ出演となる。同時に、民放の連続ドラマ出演としては、『ごめん、愛してる』(TBS系2017年7月~9月)以来、実に3年ぶり。大竹は、本作への出演オファーを受けた際のことを「まさか自分が出演するとは思っていなかったのでびっくりしましたが、とても嬉しかったです」とコメント。初となる月9ドラマ出演については、「とても嬉しく思います。頑張ります」と話し、美幸を演じていく上で「消えることのない悲しみを背負いながらも、なんとか明るく平穏に生きてゆきたいと願う人の心を出せたら……と思っています」と明かしている。

 また、『江~姫たちの戦国~』(NHK 2011年1月~11月)以来9年ぶりとなる上野、時任との共演についても、「樹里ちゃんとも、さぶちゃんとも久し振りの共演で嬉しいです。スタッフの方たちも本当に温かくて、良いチームだなと一日目から感じました」と話し、「素晴らしいチームの仲間入りをさせて頂いて、撮影が本当に楽しいです。ささやかに生きている美幸さんの出演自体は、それ程多くはありませんが、見て下さっている方の心に残るようなお芝居ができるように頑張ります」と伝えている。

 また、プロデューサーの金城綾香(フジテレビ第一制作室)は、大竹の出演に寄せて「大竹しのぶさんにこの度、第2シーズンでご出演頂けて、本当に光栄です。悲しみを抱えながらギリギリのところで自分を奮い立たせて、今日も東北で生きている方をドラマで表現したいと考えたときに、最初に頭に浮かんだのが大竹しのぶさんでした。物語の中盤以降、美幸という役が朝顔さんと平さんを揺さぶっていきます。大竹さんの筆舌に尽くしがたいお力によって、美幸という役の悲しさが温度を持って目の前に現れた時には、撮影現場でこみ上げてくるものがありました。今後、上野樹里さん、時任三郎さん、柄本明さんといろんなシーンでご共演があります。早く視聴者の方にご覧いただきたいです」とコメントを残している。

■放送情報
『監察医 朝顔』
フジテレビ系にて、11月2日(月)スタート 毎週月曜21:00〜放送
(2020年秋・2021年冬2クール連続)
出演:上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、田川隼嗣、宮本茉由、辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)、加藤柚凪、戸次重幸、平岩紙、三宅弘城、杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明、大竹しのぶほか
第1話ゲスト:片桐はいり、松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)
原作:『監察医 朝顔』(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ
プロデュース:金城綾香
演出:平野眞、阿部雅和
制作:フジテレビ
(c)フジテレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる