風間俊介のボケに森本慎太郎が控えめなツッコミ 『監察医 朝顔』上野樹里は被災地への思い語り涙

風間俊介のボケに森本慎太郎が控えめなツッコミ 『監察医 朝顔』上野樹里は被災地への思い語り涙

 11月2日より続編の放送がスタートするドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の制作発表記者会見が10月24日に都内で行われ、上野樹里、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、戸次重幸、平岩紙、板尾創路、山口智子が登壇した。

 月9史上初の2クール連続放送となる本作は、法医学者・万木朝顔(上野樹里)とベテラン刑事の万木平(時任三郎)という異色の父娘が、遺体の“生きた証”を探し出すヒューマンドラマ。2019年夏に放送された同名作の続編で、朝顔は刑事の夫・桑原真也(風間)と5歳の娘・つぐみ(加藤柚凪)と変わらない日常を過ごす一方で、東日本大震災で被災した母の“死”に深く向き合うことになる。

上野樹里

 撮影は2月からスタートしたといい、上野は「やっとこの日が来た」と感慨もひとしお。風間は「四季の移り変わり、日々の移ろいを感じてもらえるドラマ」と自信を見せた。

志田未来
中尾明慶

 撮影を振り返り、志田は「シリアスなシーンなのに、お腹が鳴ったり。ほのぼのとした空気で楽しく撮影しています」と笑顔。お腹が鳴った張本人の中尾は「そういうことを受け入れてくれるのも、第2シーズンならでは……ですよね?」とキョロキョロ。頷く共演者に安堵した中尾だったが、上野が「記憶にも残ってないもん」と話すと、「それはそれでちょっと寂しい」と複雑な胸中を明かしていた。

風間俊介

 自身と同姓の刑事・森本役を演じる森本は「強行犯班係のゆるっとした笑いのあるシーンを観ていただきたいですし、ちょっとした係長(戸次)と森本の絡み、平さんと森本の絡みにも注目していただけたら」とアピール。そんな中、「(新シーズンでは)戸次さんが結構、万木家に来る」と上野。戸次が「僕が行きたいからではなく、台本にあるから」と力説するも、風間は「最近は乗っ取り感がすごい」と不満げ。戸次は「聖域みたいな万木家に土足で入っていく感じ」と恐縮しながらも、「僕のせいじゃない」と最後まで弁解し続けていた。

 また風間は「2月から撮っていたので、(前作から)みんなとずっと一緒に居続けているような感覚」と語り、「本当に家族のような日々を切り取っている。ホームビデオのような感覚でやらせてもらっています」とも。「我々だけの物語ではなくて、日々を生きるみなさんの物語」と続けると、山口は「風間くん、本当に大賛成! 素敵な言葉を紡がれますよね」と、風間の言葉を称賛した。

山口智子

 その山口は「それぞれの人生において、ある日信じられない変化が起きたり、大転換が来たり。変化をどう受け止め、どう進むかっていうことが問われるシーズンでもある」といい、「その時をどう生き抜くか、先に進むか。そこをお楽しみに」と見どころを述べた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる